システム利用規約

ウイングアーク1st株式会社(以下「弊社」という。)が運営するサポートシステム及び契約手続きシステム(以下「本システム」という。)を利用するためには、本利用規約(以下「本規約」という。)のすべての条項に同意いただくことが必要です。本システムを利用した者は、本規約に同意したものとみなされます。
第1条(定義)
1.「ユーザー」とは、弊社所定の手続に従ってユーザー登録を行った者をいい、メインユーザー及び追加ユーザーをいいます。
2.「メインユーザー」とは、メインID及びメインパスワードを使用する、お客様の弊社窓口担当者をいいます。
3.「メインID」とは、弊社製品の保守契約を締結時に、弊社がお客様に付与したIDをいいます。なお、メインIDはメインユーザーのメールアドレスとします。
4.「メインパスワード」とは、メインIDと組み合わせてお客様を識別するために用いられる符号をいいます。
5.「追加ID」とは、メインユーザーによって、追加されたIDをいいます。
6.「追加パスワード」とは、追加IDと組み合わせてお客様を識別するために用いられる符号をいいます。
7.「追加ユーザー」とは、追加ID及び追加パスワードの使用者をいいます。
第2条 (ユーザー登録)
1.弊社は、弊社と弊社製品の保守契約を締結したお客様に対し、メインIDを付与します。
2.メインユーザーは、前項の手続き後弊社からメインIDに使用したメールアドレス宛に届く招待メールを通じメインパスワードを作成するものとし、メインIDとメインパスワードを使用することで、本システムを利用することができます。
3.メインユーザーは、追加IDを作成することができます。但し、追加IDはメインIDに使用しているメールアドレスと同一ドメインであることを要します。
4.追加IDは、メインユーザーが弊社ポータルサイトで所定の手続きをすることで作成します。
5.追加ユーザーは、前項の手続き後弊社から追加IDに使用したメールアドレス宛に届く招待メールを通じ追加パスワードを作成するものとし、追加IDと追加パスワードを使用することで、本システムを利用することができます。
6.前各項の規定にかかわらず、弊社は、ユーザー登録をした者(以下「登録者」という。)が次の各号のいずれかに該当することが判明した場合には、ユーザー登録を抹消することができるものとします。
①登録者が実在しない場合
②登録者が過去に本システムの利用を停止された者である場合
③ユーザーに関する情報に虚偽がある場合
④その他弊社が不適当と判断する場合
7.ユーザーは、ユーザーに関する情報に変更があった場合には、速やかに弊社に届け出なければならず、届け出がなかったことによりユーザーに生じた損害については、弊社は一切責任を負いません。
第3条 (本システムの利用の提供)
1.弊社は、ユーザーに対し、本規約に定めるところに従い、本システムの利用を提供します。
2.ユーザーは、本規約に従って本システムを利用するためにのみ、本システムを利用します。
第4条(ID及びパスワードの管理)
1.ユーザーは、ユーザーの責任において、メインID及び追加ID(以下、総称して「ID」という。)とメインパスワード及び追加パスワード(以下、総称して「パスワード」という。)を、冒用、盗用その他の不正利用がなされないように厳重に管理するものとします。
2.ユーザーは、ID及びパスワードを本システムにおいて利用する権利を自己以外の、第三者への譲渡、貸与等は行わないこととします。
3.ユーザーは、ID又はパスワードが第三者に使用されている疑いがある場合には、直ちに弊社にその旨を連絡するとともに、弊社の指示がある場合にはそれに従うものとします。
4.ユーザーのIDとパスワードを利用してなされた行為については、現実にユーザー自身の行為であるか否かを問わず、ユーザーの行為とみなすものとし、それによってユーザー又は第三者に生じた損害について、弊社は一切責任を負いません。
5.ID又はパスワードの管理不十分、使用上のミス、第三者の使用による損害の責任は、ユーザー自身が負うものとし、弊社は一切の責任を負いません。
6.ユーザーのIDとパスワードが第三者に不正に利用されたことにより弊社に損害が生じた場合には、弊社は、ユーザーに対し、その損害の賠償を請求することができるものとします。
第5条(個人情報保護方針(プライバシーポリシー))
弊社は、弊社が定めるプライバシーポリシーに従って、お客様の個人情報を適切に取り扱います。なお、プライバシーポリシーについてはこちらを参照ください。
第6条 (権利の帰属)
本システムに関する著作権及び著作者人格権並びにそれに含まれるノウハウ等の知的所有権は、弊社に帰属します。
第7条 (禁止事項)
1.弊社は、ユーザーが次の各号のいずれかに該当する行為をすることを禁じます。
①弊社又は第三者に損害を与える行為、又は損害を与える恐れのある行為
②弊社又は第三者の権利、財産、名誉、プライバシー等を侵害する行為、又は侵害する恐れのある行為
③公序良俗に反する行為、又はその恐れのある行為
④他人のメールアドレスを登録するなど、虚偽の申告、届出を行う行為
⑤コンピュータウィルス等有害なプログラムを使用又は提供する行為
⑥迷惑メールやメールマガジン等を一方的に送付する行為
⑦本規約若しくは法令に違反する行為、又はその恐れがある行為
⑧その他、弊社が不適切と判断する行為
2.弊社は、ユーザーが前項各号のいずれかに該当する行為を行った場合又は行うおそれがあると認められた場合には、事前に通知することなく、当該ユーザーのID及びパスワードを失効させ、本システムの利用を直ちに停止させることができるものとします。
3.ユーザーが本条第一項に違反したことにより弊社に損害が生じた場合、弊社は、ユーザーに対し損害賠償請求をすることができるものとします。
第8条 (本システムの中断)
弊社は、次の各号のいずれかに該当すると認められる場合は、ユーザーに対し、事前にその旨を弊社の定める方法で通知して、システムの利用の停止、休止又は中断をすることができるものとします。ただし、緊急を要する場合は、通知することなく本システムの利用の停止、休止又は中断をすることができるものとし、事後速やかに通知します。
①弊社が提供する設備の保守上、又は工事上必要がある場合
②弊社が提供する設備の故障等やむを得ない事由がある場合
③天災、事変その他の非常事態が発生した場合又は本システムの重大な障害が発生した場合
④その他弊社が必要と判断する場合
第9条 (本規約の改正)
1.弊社は、必要があると認めるときは、ユーザーに対し事前に通知を行うことなく、いつでも本規約を改正することができるものとします。
2.本規約の改正を行った場合には、弊社ホームページに掲載し公表します。
3.前項の公表後に、ユーザーが本システムを利用したときは、ユーザーは改正後の規約に同意したものとします。
第10条 (本システムの廃止)
1.弊社は、都合により、本システム利用の一部又は全部を廃止する場合があります。
2.前項の場合、弊社は、ユーザーに対し、廃止する日の1か月前までに、その旨を通知します。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。
第11条 (免責事項)
弊社は、本システムの利用によりユーザー又は第三者が被った損害について一切の責任を負いません。
第12条(準拠法及び合意管轄裁判所)
1.本規約には、日本法が適用されるものとします。
2.本システムの利用に関連して、ユーザーと弊社との間に生ずるすべての訴訟については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所と定めます。
附則
本規約は、平成29年2月1日から施行します。