Dr.Sum Datalizer Ver. 5.0リリース情報

公開日時:2017/10/05 09:00 更新日時:2017/10/05 09:00 記事番号:000015585
製品ブランド:Dr.Sum

Webアプリケーション

管理番号新機能の概要
対象定義
#DTL-50-0001
ユーザーインターフェイスを刷新し、集計表画面(ユーザーページの集計エリア)の機能を拡張しました。これにより、集計前や集計後に次の操作ができるようにしました。
  1. 項目の追加(データ書式や集計方法も同時に設定可能)
  2. 集計結果のデータの検索
  3. 集計データを選択して合計値や平均値などを表示する
  4. 行・列のヘッダーの固定
  5. ソート
  6. 絞り込み
  7. 行・列のデータや集計データのグループ化
  8. ドリルダウン、ドリルダウンプレビュー
  9. ドリルスルー
  10. 集計結果の表示形式や体裁の変更(合計の表示・非表示、グループサプレス、背景色やストライプの表示など)

※5~10について、Ver. 5.0では、定義ファイルに設定していなくても操作や分析ができるようになりました。

TYPE4定義
#DTL-50-0002集計を実行後、集計データに対して値の範囲ごとにラベルを設定し、グループ化して表示できる機能[集計値でグループ化]を追加しました。たとえば、売上金額を任意のレンジで分けることができます。
TYPE4定義
#DTL-50-0003ユーザーページのトップ画面に、定義ファイルに素早くアクセスするための「お気に入り」機能や、最近実行した定義ファイルを確認できる履歴機能を追加しました。お気に入りの登録方法も、旧バージョンと比較して簡単になっています。-
#DTL-50-0004ユーザーページやメンテナンスページの定義選択エリアに、定義ファイルを検索できる機能を追加しました。検索結果から、定義ファイルを実行したり、定義ファイルが格納されているディレクトリを開いたりすることができます。-

 

 

 

アプリケーション共通

管理番号新機能の概要
対象定義
#DTL-50-0005
集計表の行・列項目にDATE型またはTIMESTAMP型の項目を配置した場合に、年、月、日、時間ごとに段組み表示したり、データを特定の期間でグループ化して表示したりできる機能を追加しました。
TYPE4定義