SVF Connect for Java API 9.1から9.2リリース情報

公開日時:2014/01/31 11:00 記事番号:000009483
製品ブランド:SVF

機能追加事項

・IPv6に対応しました。
・クライアント端末上に登録されたプリンターへの出力が可能になりました。
・SVF Connect製品とサーバー製品間(.NET実行部を除く)の通信方式として、HTTPに対応しました。

修正事項

・「svfrclient.properties」内にパラメーターの値としてパスを記述する際、パス区切りのエスケープ文字が不要になり、通常のパス表記の記述で動作するようになりました。
・エラーリカバリ中にコンストラクタで例外が発生したときに、リカバリを行わずに終了してしまう問題を解消し、残数が残っているときは処理を続けるように対応しました。
・クライアントモジュールの動作設定でホスト名の初期値が「localhost」から「127.0.0.1」に変更されました。

制限事項

・svfrclient.propertiesが存在しないとき「VrSetLocale」の呼び出しで例外が発生します。