SVF for .NET Framework Option 1.0.1.1から1.1.1.1リリース情報

公開日時:2012/10/05 18:18 記事番号:000009428
製品ブランド:SVF

機能追加事項

・プレビュー画面の立ち上がり時間の短縮されました。(出力データにより左右されます。)
・プレビュー画面において表示データ生成中に1ページ目を表示するようにしました。
・プレビュー画面において印刷時のページ指定/部数指定の機能を追加しました。
・環境変数の指定にURLを指定機能を追加しました。
・VrsOutの引数にて画像ファイルをURL指定できるようにしました。
・プレビュー画面をOffice2003風スキンの設定ができるようオプションを追加しました。
 svf.cs.propertiesに下記を追加しました。
 Preview.Skin=0 or 1 (規定値はゼロ)
 0... デフォルトプレビューにてプレビューを表示する。
 1... Office2003風スキンにてプレビューを表示する。
・プレビュー画面にて背景色を任意で設定ができるようオプションを追加しました。
 svf.cs.propertiesにて下記を追加しました。
 Preview.BackGroundColor=RGBの割合をカンマ区切りで設定
 例:Preview.BackGroundColor=0,0,128
・ファンクションキーの割り当てができるようオプションを追加しました。
 svf.cs.propertiesに下記を追加しました。
 Preview.UseFunctionKey=False or True(規定値はFalse)  
 False... ファンクションキーの非活性
 True... ファンクションキーの活性
 Preview.FunctionKey=ファンクションキーの割り当て(規定値は設定無し)

 例:Preview.FunctionKey=close,zoom,,,previous,next,,,,print,,
 close... プレビュー画面を閉じる
 zoom... ズーム
 previous... 前のページに戻る
 next... 次のページに戻る
 print... 印刷実行
・プレビューウィンドウタイトルを任意に変更できるようオプションを追加しました。
 svf.cs.propertiesに下記を追加しました。
 Preview.Title=プレビューウィンドウタイトル名
・プレビューウィンドウ初期サイズを任意に変更できるようオプションを追加しました。  
 svf.cs.propertiesに下記を追加しました。
 Preview.StartUpSize=0 or 1(規定値は0)
 0... 標準化
 1... 最大化"

修正事項

・VrSetForm()発行無しでプレビューONすると無限ループするのを解消しました。
・VrSetForm()の前にVrQuitを発行すると無限ループを起す不具合を解消しました。
・CSV機種のみの現象で変換対象を"0:フィールド"に設定した場合の情報が判定処理に反映されていない点を修正しました。
・CSVプリンタの詳細設定にある「改行コード」の設定で「OSに従う」の指定の場合、行末に「LF」のみが入る(Windowsの場合、本来は、CRLF)不正をSystem.Environment.NewLineにて修正しました。
・プレビューON時の場合、VrSetCSVFileName()で指定したファイル名の共有違反が発生する不具合に対し、プレビューデータ処理時に指定のファイルへのアクセスは不要なためアクセスしないように修正しました。


備考

【リビルド】
アプリケーションをV1.1でリビルドを行うこと。
※V1.0からV1.1へのバージョンリダイレクトの評価は行っていません。
※V1.1は新規に使用してもらう前提ですので、発行者ポリシーファイルは発行いたしません。
【その他】
SvfrServer.exe.configはGAC登録を無視し、V1.1.1.1を参照する様に設定されています。
V1.0.1.0を参照させるには、V1.0.1.0がGAC登録されている場合は、configファイルを削除。別フォルダに格納されている場合は、パスの指定をする必要があります。 SvfrServer.exe.configは、svfrServer.exeと同じ場所の配置で有効になります。

例)パスの指定→ <codeBase version="1.0.1.0" href="c:svfdnplib1.0.1.0SVFCS.dll