SVF for SATO/Java Edition 6.3から7.1リリース情報

公開日時:2012/10/04 15:26 記事番号:000009397
製品ブランド:SVF

機能追加事項

・固定ピッチ対応しました。
・10種類のフォント追加しました。
 - 16×16ドット横書き漢字指定
 - X21フォント指定(基本サイズ17×17ドット)
 - 22×22ドット横書き半角・全角混在漢字指定
 - 22×22ドット横書き漢字指定
 - X22フォント指定(基本サイズ24×24ドット)
 - 24×24ドット横書き漢字指定
 - 32×32ドット横書き半角・全角混在漢字指定
 - 40×40ドット横書き半角・全角混在漢字指定
 - 40×40ドット横書き漢字指定
 - アウトラインフォント印字指定
・フォントのスムージング機能のON/OFF機能追加しました。
・反転文字機能追加しました。
・バーコードの手動設定の反映対応しました。
・バーコード比率登録コマンドのON/OFF機能追加しました。

修正事項

・2ページ目以降、フォントが小さくなる場合がある点を修正しました。
・文字を90度、270度回転した際に、縦と横の文字倍率が異なると正しく回転されない点を修正しました。
・エンコーディングにCp943Cを指定した場合に、2バイト文字が出力されない点を修正しました。
・SATO MR410で、連写内の二次元バーコードがすべて同じデータになってしまう点を修正しました。
・「反転文字領域サイズ」を「0」に設定した場合と「100」に設定した場合の結果が同じになる点を修正しました。
・QRコードのモデル1とモデル2のSATOコマンドの出力が逆になってしまう点を修正しました。
・マイクロQRでコマンドパラメータの数が不正になってしまう点を修正しました。
・エンコーディングにCp943Cを指定した場合に、2バイト文字が出力されない点を修正しました。
・Code39チェックデジット付きで、チェックディジットが付加されない点を修正しました。