SVF for Java Print 6.3から7.1リリース情報

公開日時:2012/10/03 17:35 記事番号:000009355
製品ブランド:SVF

機能追加事項

・SVFX-Designerで作成された様式ファイル(xml形式)対応しました。
・多国語対応
 PDF/EMF/PCL5のみとなります。
・新ソフトフォントユーティリティを追加しました。
・ソフトフォントでTrueTypeフォントファイルを指定できるよう対応しました。
・コンビニバーコード(CVS-EAN128)、雑誌バーコード対応しました。
・EAN128可変長データの連結機能を追加しました。
・Maxiコード、PDF417に対応しました。
・JPEG、GIF、PNG、TIFFに対応しました。
・PNGでフィルタモード04、インターレースに対応しました。
・NW7で、大文字の 'A' 'B' 'C' 'D' もスタートストップ文字として認識するよう対応しました。
・PrintSpoolerでコマンド処理中のタイムアウト時間を別に設定できるよう対応しました。
・PrintSpoolerで、異常終了となりinactiveになるケースで、LPR全体をリトライするよう対応しました。
・QRコードでセルピッチを固定にできるよう対応しました。
・VrAttributeのPaint属性で、データの領域だけ塗り込みを行えるよう対応しました。
・指定のキーでキーブレーク改頁した場合に、次頁を表面から出力できるよう対応しました。
・VrSetQuery()のパラメタにJDBCのコネクションオブジェクトを渡せるようにしたメソッドを追加しました。
・ソート文字列をUNICODEで比較するよう仕様変更しました。
・クエリー条件の数を最大4個から10個へ変更しました。
・総計レコードを出力する前に改頁する機能を追加しました。
・サプレス文字の指定機能を追加しました。
・強制ページ印字モードを追加しました。
・JavaConnect サーバの機能拡張しました。
 今までは、スプールファイルをクライアントに転送する仕様であったが、VrComout()によりサーバ内にも保存できるように改良しました。
・SVFX-Designerで出力された様式の項目属性を直接操作できるよう対応しました。
・レコード処理の拡張をしました。
・グローバル変数の変更をしました。
・新機種追加しました。
 Hitachi Prinfina MANAGER PS
 Hitachi Prinfina MANAGER ESCP
 ACOS-STDOUT (オプション)
 PIFVIEWER (オプション)
・PAliteの追加をしました。
・PrintSpoolerの設定をvfreport.spooler.propertiesに分離しました。
・アンダーラインの機能を追加しました。
・PostScript
 - 用紙色(MediaColor)による給紙トレイ指定対応しました。
 - OCR-Bフォント対応しました。
 - RICOH Imagio Color 5100厚紙対応しました。
 - FUJI XEROX DocuCentre f1100 パンチ & PJL (セキュリティプリント) 対応しました。
 - PPD ファイル対応 (PPD ファイルユーティリティ)しました。
 - トレイの強制指定を追加しました。
・CASIO N4/N5
 - プリンタ機種選択機能を追加しました。
  N4シリーズ、N5シリーズのいずれかを選択します。 
 - 2バイトコードのシンボルセットESPON JIS90に対応しました。
 - 両面印刷の指定をしました。
・DotPrinter
 - ソフトフォント強制サイズ指定追加しました。
 - 用紙を、単票手差し、CSF前付き単票、CSF後付き単票、前連帳、後連帳より選択して給紙できるよう対応しました。
 - カット紙の場合の排紙先(前方、後方)の選択できるよう対応 (PR201)しました。
・ART4
 - デフォルト解像度を600dpiに変更しました。
 - カラー対応しました。
 - IBM拡張文字対応しました。
 - 半角文字を半角フォントで出力するよう対応しました。
  (従来は全角フォントの1/2のサイズで出力していました。)
 - ソート(VrSetSort)対応しました。
・DP Series
 - 複数アトリビュート対応しました。
・PRESCRIBE2
 - カラー対応しました。
 - クーリエフォント対応しました。
  Courierのスケーラブルフォントを持っている機種のみ有効となります。
 - 給紙トレイの拡張をしました。
 - メディアタイプセレクション対応しました。
  トレイの指定を「メディアタイプ(用紙種類)」で行えるようにしました。
・NPDL2
 - 破線1の線パターンと線パターン長の変更対応しました。
・RPCS
 - バンド対応しました。
 - 縦書きフォントの強制イメージ化対応しました。
 - 地紋対応しました。
 - イメージ圧縮対応しました。
・RPDL2
 -印字領域を超えた場合に重ねうちしないよう対応しました。
・JPP
 - バーコード480dpi対応しました。
・LIPS4
 - LIPS4グラデーションデータ調整モード追加しました。

修正事項

・PrintSpoolerで、タイミングにより印刷が停止する点を修正しました。
・連写で、途中で様式を変更した場合に、前の様式のオーバーレイデータが出力される点を修正しました。
・連写+QRコードで、全ての連写領域内にデータが出力されていないと、QRコードが出力されない点を修正しました。
・クエリーで、SQL生成処理の結合情報の処理に矛盾があったことが原因で、不正なSQL文が生成される点を修正しました。
・チャートで横グラフの場合の軸設定に誤りがあった点を修正しました。
・チャートで軸ラベルの表示される位置が、EXCELのイメージと異なる点を修正しました。
・クエリーで不適切なメインテーブルが選択されてしまうことがある点を修正しました。
・クエリーで条件欄に列名や関数名のみが指定された場合に、左辺値(SELECT値)のないおかしなSQL文が生成される点を修正しました。
・クエリーでVrCondition("[X|NAME]=''", 4);
のように変数に空文字指定を指定しても無視される点を修正しました。
・クエリーでC版との非互換性を修正しました。
 1. 様式のFIELD欄に記述された、"XXX NOT NULL"や"XXX NULL" が正しく変換されない点を修正。
 "XXX NOT NULL" --> "XXX IS NOT NULL"
 "XXX NULL" --> "XXX IS NULL"
 2. "NOT"を"  3. "OR"や"AND"などのSQL予約語の前後に空白がない場合に空白を挿入するように変更。
・帳票に複数明細レコードがある場合、2番目以降の明細レコードフィールドのグループサプレス動作がおかしい点を修正しました。
・自動リンクフィールドをグループサプレス&罫線サプレス指定した場合、自動リンク中にページをまたいでしまうと、次頁にサプレスされるべき罫線が出力されてしまう点を修正しました。
・先頭が'E'又は'e'で始まる文字列を数値変換すると例外が発生する点を修正しました。
・縦書きの全角フィールドに対しサイズ属性を変更した場合に、フィールド終了位置がおかしくなる点を修正しました。
・環境設定で縮小印刷(プリンタ機能を使わない)+印字位置調整を行った場合、ページ毎に印字位置がずれる点を修正しました。
・リンクフォームでVrAdjust VrPageの設定を引き継がなくなる(以前と同じ動作になる)よう対応しました。
vfreport.properties で
LinkForm.EnableAPI=false
となります。
・VrSetQueryのDB接続のパフォーマンスを改善しました。
・レポートライターで、1頁に収まっていたものが2頁にまたがる点を修正しました。
 設計上の最初の明細レコードのフィールドが全てマスクされている場合にのみ発生します。
・リンクフォームで、リンク先のフォームのサブフォーム名、フィールド名などが全く一致していない場合にページを超える巨大な新自動リンク処理を行うと、永久ループする点を修正しました。
・VrQuit()で -35を返していたのを VrEndPage() で返すよう修正しました。
・SvfrServer で、スプールファイル送信時に、サーバーコンソールにFileNotFoundException が表示される場合がある点を修正。
・QRコードで、縮小印刷(プリンタ機能を使わない)を行った場合に出力位置がずれる点を修正しました。
・右詰めのフィールドに桁数より大きいデータを出力した場合に、例外が発生する場合がある点を修正しました。
・レポートライターで「グループの最後で印刷」が正しく動作しない点を修正しました。
・リンクフォーム+_TOTAL_PAGE_CNT(総ページ数取得)の場合に、VrAdjustの指定が2回有効になり、2倍ずれる点を修正しました。
・PrintSpoolerで、Ack/Nack待ちでタイムアウトした場合、Nack受信時と同様のリトライ処理を行っていたので、エラーにならかった点を修正しました。
タイムアウト時はリトライを行わなず、エラーになるようにしました。
・PrintSpoolerで、LPRコマンド処理中も「TCPタイムアウト時間」をタイムアウト時間としていたため、コマンド処理中にプリンタが無応答になると無駄に長い時間待っていた各プリンタのプロパティにSpooler.CmdTimeoutSecという設定項目を追加しました。(指定されない場合は60秒に設定されます)
・PrintSpoolerで、エラー発生時のAbendLogへの出力を詳細化しました。
・PrintSpoolerで、異常終了となりinactiveになるケースで、LPR全体をリトライするように設定できるようにした。使用する場合は各プリンタのプロパティにリトライに関する設定を追記する。
 Spooler.LprRetryIntervalSec:リトライ間隔(秒)
 Spooler.LprRetryCount:リトライ回数
 (ゼロで従来どおり、1でプラス1回)
・ソフトフォントファイルが見つからない場合に、コンソールに例外のスタックトレースが出力される点を修正しました。
 1. 「ページ先頭で印字」をチェックしているヘッダを使っている。
 2. 最終ページに合計レコードのみが印字されている。
 3. 最後のキーブレーク後のデータ件数が2レコード以上である。
 4. BreakHeaderOutputMode=0が設定されている。
 の条件が重なったときに、「ページ先頭で印字」にチェックしているヘッダが印字されてしまうという現象を修正しました。
・_TOTAL_PAGE_CNT(総ページ数取得)を使用すると、VrTest()で余計なページが印刷される点を修正しました。
・PrintSpoolerで、「TCP タイムアウト時間」を300秒以上に設定できるよう修正しました。
・白黒でない2値のビットマップを出力すると、反転してしまう点を修正しました。
・移動フィールドで、2バイト文字を使用すると例外が発生する場合がある点を修正しました。
・PNGでフィルタモード3の形式に対応しました。
 幅の異なる複数のサブフォームがある様式で、自動リンク処理を行った場合に改頁時・ページ終了時に罫線が正しく出力されない点を修正しました。
・クエリー設計部にて、DECODE(SUBSTR(ENAME,1,1),'S',NULL,ENAME)のような、SQLの関数呼び出しのコードを記述して、VrSetQuery すると、
(DECODE(SUBSTR(DB1."ENAME",1,1),'S', IS NULL ,DB1."ENAME"))
java.sql.SQLException: ORA-00936: 式がありません。
となる点を修正しました。
・連写の場合はVrQuit()でも-31が返る場合があり、IgnoreErrorsの指定が効かない点を修正しました。
・NW7バーコードで、大文字の'A' 'B' 'C' 'D'もスタートストップ文字として認識するよう対応しました。
・編集式でFORMAT2関数を使用した場合に、小数点位置固定右詰めが効かない点を修正しました。
・VrAttributeでパレットを指定すると例外が発生する点を修正しました。
・条件付PCOUNTの値が1少ない点を修正しました。
・総ページ数を取得する場合にVrComout("/{FOUT 1}/")を使用すると文書が2回出力される点を修正しました。
・ITIMEを複数の様式で使用すると、様式が切り替わったところで日時も変わる点を修正しました。
・SvfrServer のログに SVF の内部例外を出力するように変更しました。
・縮小モードが「様式に従う(プリンタ機能を使わない)」「指定サイズ」のいずれかの設定で、用紙サイズと縮小後のサイズが同じになる場合に、プリンタ側で縮小が行われてしまう点を修正しました。
・レポートライター属性ダイアログで「先頭頁のみ」と「最終頁のみ」を両方チェックした場合に限り何も印字されなくなる点を修正しました。
・次の場合に、印刷結果をドキュメント単位で取り消すよう対応しました。
 1. VrEndPage()からエラーが返された。※1
 2. VrQuit()が呼び出されなかった
 3. VrAbortDoc()が呼び出された。
 4. 処理中にSVF内部で例外が発生した。
 ※1、機種別で例外が発生しない場合にかぎり、ReportWriter.IgnoreErrorsで指定された無視可能なエラーは無視できる。(RDSpool除く)
・CODE39、CODE39C、NW7、ITF、CODE128、EAN128、CVS128で、エレメント幅の算出を手動設定にした場合に設計桁数に対し入力桁数が少ないとヒューマン文字が大きくなりぎて、入力データエラー(-70)になる点を修正しました。
・非レコード帳票をRWモードで実行したとき、データクリアされないという非互換性問題がありました。
以前の動作と同じにできるように次の設定を追加しました。
 ReportWriter.Compatible=32
 なお、この設定はビット指定なので、指定する場合は、現状の値に32を足した数値を指定します。
・リンクフィードが循環リンクとなっている場合、永久ループする点を修正しました。
・QRコードでBSPro.jarを使用した場合に、同時実行でQRコードの生成を同時に行うとタイミングによって例外が発生し、QR コードが印字されない点を修正しました。
・新自動リンクモードで、レコードが溢れると改頁しながら全データの印字が完了するまで処理を繰り返すがその処理が永久ループする点を修正しました。
・CODE128で、ヒューマン文字の
 0022 QUOTATION MARK
 0027 APOSTROPHE
 002D HYPHEN-MINUS
 005C REVERSE SOLIDUS
 007E TILDE
 の5文字が文字化けする点を修正しました。
・JavaConnectを使用した場合に、JavaConnectのプロセスのメモリ使用量がわずかずつ増加する点を修正しました。
・空文字出力時に、デバッグログに桁数警告が出る点を修正しました。
・レポートライターモードで、リピート帳票の明細フィールド選択の間違いを修正しました。
・ソフトフォントを使用した場合に、イメージデータとして処理すべきところを外字登録処理を行って正しく印字されない点を修正しました。
・UPC_Eでvfreport.properties のナンバーシステムの指定が効かず、常に入力データの先頭がナンバーシステムとなる点を修正しました。
・明細レコード以外のレコードフィールドを固定フィールドから集計すると、明細レコード以外のレコードでの溢れ改頁時に集計値が異なる点を修正しました。
・フィールドに対しデータ全く出力されない場合でも、強制的にページ出力を行うVrComout("/{FOUT 1}/")を使用した場合に、VrSetForm以降に設定しないと有効にならず以前と互換性が無くなっている点を修正しました。
・フィールドの塗り込み(VrAttribute の Paint属性)で、縦書き全角フィールドの場合にデータが出力されない場合に半角領域しか塗りこまない点を修正しました。
・多倍精度十進演算(UseMPL=True)の乗算処理で、内部演算の結果が最上位桁(最大80桁)に達した場合にのみ、上位桁が失われる点を修正しました。
・クエリーで、記号(-)を含む列名をリンクするとエラーになる点を修正しました。
・VrSetLocaleで言語を指定した場合に、 最初に読み込んだvfreport.propertiesをキャッシュしてしまい、指定したロケールのvfreport.propertiesが読み込まれず指定したエンコードで処理されない点を修正しました。
・綴りページで移動フィールドを使用した場合、移動フィールドを表示しないページでもデータが移動される点を修正しました。
・QRコードを縮小印刷(プリンタ機能を使わない)するとページ毎に縮小されるの点を修正しました。
・VrAttributeで印字方向を縦→横に変更した場合に座標がおかしくなる点を修正しました。
・フィールドの塗り込みで、塗り込み領域にフィールド枠を指定した場合に塗り込みされない点を修正しました。
・デバッグログで、時間の表記が12時間表記だったのを24時間表記に変更しました。
・スタック印刷を行うとエラーになる点を修正しました。
・QRコードが、直前に描画したアイテムと同じ色になってしまう点を修正しました。
・VrSetLangでロケールを指定しても、デフォルトロケールのvfreport.propertiesを読み込む点を修正しました。
・VrOutputQuery()の戻り値のV版との非互換性を修正しました。
レコードがゼロ件の場合に、C版では、-554 を返していたが、Java版では、正常終了(ゼロ)を返していたためC版と同じように、-554 を返すように修正しました。
・VrOutputQuery()が失敗した時にファイルが残ってしまう点を修正しました。
・VrOutputQuery()で生成されたファイルが2G以上であるとき、戻り値として2G-1を返すように修正しました。
・クエリー処理が生成するSQL-WHERE句のテーブル修飾子がC版と異なる点を修正しました。
 様式の条件式に複数テーブルに存在する列名のみを指定したとき、C版とは異なるテーブルが割り当てされてしまう場合がありました。
・VrExecQueryの処理中にVrEndRecord/VrEndPageエラーが発生した場合に処理を中断し、そのエラーを戻り値として返すよう修正しました。
・PAGE()関数の型がC版と違う点を修正しました。数値型から文字型へ変更しました。
・2項演算子の内部関数名がC版と合っていなかった点を修正しました。
・クエリー条件の数を最大4個から10個に変更しました。
・クエリーの式演算子の区切り記号を追加(#/$)しました。
・VrQuit() 未発行での終了時にスプールキャンセル呼び出しを追加しました。
・フィールド塗りこみで領域をデータ範囲のみにした場合(Attribute.PaintArea=1)に 最後の文字が全角だと全角文字の半分までしか塗り込まれない点を修正しました。
・移動フィールドに対し、環境設定の「クーリエフォント:OCR-B」の設定が効かない点を修正しました。
・Ver.6.2cでは桁数分割をする場合、印字桁数かデータ桁数の大きなほうで分割していたが、印字桁数のみで分割するようになっていたため、以前と同様の動作をするように修正しました。。
 vfreport.properties.* で
 ReportWriter.Compatible=128
 となります。
・イメージの繰り返し数が一つ足りていなかった点を修正しました。
・郵便番号バーコードの大きさを正しく様式ファイルから読めていなかった点を修正しました。
・バーコード・イメージ・グラフィックアイテムのレコード内リピートができなかった点を修正しました。
・ソフトフォントイメージ透過が出来ていなかった点を修正しました。
・リピートの出力がなされない点を修正しました。
・繰り返し+綴りページの場合に全アイテムが全ページに出力されていた点を修正しました。
・様式ファイル中のグローバル変数に$が付いているケースに対応しました。
・フィールドの「先頭ページのみ」チェックが正しく扱われていなかった点を修正しました。
・繰り返しアイテムへの属性設定ができないバグを修正しました。
・XML様式の文字サイズが正しく読まれない場合があった点を修正しました。
・バーコードフィールド・画像フィールドにXML属性が欠落する場合があった点を修正しました。
・メモリーリークの主要な原因を除去しました。
・XMLの記述順により、リンクサブフォームが正しく機能しない場合があった点を修正しました。
・フィールドのeditStyle属性を変更しても、結果に反映されなかった点を修正しました。
・comout(/{EOFD}/)の前に実行されるcomout(/{XATN}/)が、デバッグログ上は後に実行されたかのような出力になっていた点を修正しました。
・固定画像が画像フィールドとして扱われていた点を修正しました。
・AWTのLabelを使ってフォント情報を取るため、様式ファイルを読み込み段階でHeadlessExceptionが発生した。
Labelの代わりにCanvasを使用して、HeadlessExceptionを避けるように修正しました。
・エラーメッセージの韓国語がおかしい点を修正しました。
・共通ページアイテムを含む帳票を、オーバーレイ印刷できない機種で出力した場合に、Exceptionを生ずるようになっていた点を修正しました。
・グラフィックモードのビットマップフィールドに TIFF を出力した場合にアスペクト比(縦横比)固定の可変の指定が効かない点を修正しました。
・様式ファイル読み込みが失敗した場合に、エラーがログ出力されず、正常動作のように見えながら、次のVrsOut()が失敗するというケースが発生していたため、catchして捨てていたExceptionを、無視できることがはっきりしているもの以外、ログ出力するよう修正しました。
・VR32MAINのコンストラクタでvfreport.propertiesを2度読む点を修正しました。
・共通ページの矩形が出力されなくなっていた点を修正しました。
・イメージ塗り込みのイメージファイルが存在しない場合に塗り込みしない点を修正しました。
・FRM様式を読んだ場合にExceptionを起こすようになっていた点を修正しました。
・線種は6つのに実行部の線幅リストに7つあることを気づかず、線幅をインデックスから取るときにずれた点を修正しました。(グラフィック)
・無編集の数値フィールドが右詰めにならなくなっていた点を修正しました。
・FRM 互換モードでTIFFに対応しました。(カラー機種のみ)
・下絵イメージを出力しないよう修正しました。
・余計なデバッグ文“FRM component: ...”の除外しました。
・フィールドのしおり属性が正しく出力に反映されていなかった点を修正しました。
・ログサーバーを使っていた場合、出力ファイルが巨大になるとOutOfMemoryError を発生させていた点を修正しました。
・全角フィールドに編集スタイルの設定を行った場合、表示幅がおかしくなる場合があった点を修正しました。
・繰り返しのグラフィックオブジェクトが正しく繰り返し数出力されない場合があった点を修正しました。
・固定幅全角フォントの幅を保存して使いますが、半角カタカナの場合半分にしなかった。幅を保存する際に、対象の文字が半角カタカナの場合、その幅を二倍に(全角の幅に)しなかった点を修正しました。
・テキスト幅の算出は機種側でテキスト幅を要求した時だけ計算するように、幅計算を減らしました。
・ベーシックモードの全角フィールドの出力幅がおかしかった点を修正しました。
・旧形式のソフトフォントファイルを使用した場合に、ソフトフォントファイルのハンドルがクローズされない点を修正しました。
・余計なデッバグ文がコンソール出力された点を修正しました。
・網掛け行の指定が無効になっていた点を修正しました。
・レイヤーのON/OFF機能が効かなくなっていた点を修正しました。
・リピートフィールドに動的に設定された属性が反映されない場合があった点を修正しました。
・ソートモードで属性変更を行った場合に、変更対象がおかしくなっていた点を修正しました。
・綴りページで2ページ目以降に設定されたフィールドが出力できなくなってい点を修正しました。
・半角カタカナ範囲の修正しました。(uFFE8?uFFEEの7文字追加)
・取り込みイメージを含む様式での処理が、グラフィック非対応機種で行えなかった点を修正しました。
・印刷フィールド名が、""名前$file$ファイル拡張子"" の形式である。
 例: ""picture$file$bmp""
 データ型が、BINARY/VARBINARY/LONGVARBINARY/BLOGのどれかである。
 以上の条件を満たした場合に限り、列に格納されているデータから一時的なイメージファイル(svf_image_XXXX.ファイル拡張子)を作成し、そのファイル名をVrsOut()にて指定するように修正しました。
・縦書きバーコードを出力した場合に、バーコードイメージの一番上の1ラインが欠ける点を修正しました。
・無編集の数値フィールドに編集式が設定されている場合、右詰めではなくなっていた点を修正しました。
・半角カタカナで始まる文字列、フィールドの位置ずれを修正しました。
・機種別プロパティのCourierが2ページ目以降無視されていた点を修正しました。
・印字位置調整値はドット単位として処理するように修正しました。
・「全フィールドが初期値の時、印字しない」属性が無効になっていた点を修正しました。
・様式により、処理中にExceptionを起こす場合があった点を修正しました。
・SVFX-Designer出力される形式のリピートに対応しました。
・レコード間にまたがる繰り返しを正しく処理できていなかった点を修正しました。
・レコードの網掛け行指定が効かなくなっていた点を修正しました。
・レコード枠の属性を変更した場合にExceptionが起きるようになった点を修正しました。
・第1レコードの網掛け属性変更が効かなかった点を修正しました。
・レコードの外枠が出ない点を修正しました。
・レコード展開時にExceptionを起きてしまう点を修正しました。
・レコード内の矩形に"Box1"という名称がついているとリピートできない点を修正しました。
・ページ先頭にヘッダーレコードを置く設定の場合に、属性変更が正常に行えない点を修正しました。
・先頭レコードの矩形の非表示設定の属性変更ができない場合があった点を修正しました。
・塗り込みの無い矩形の枠はサブフォーム・レコード枠を除き、常に描画する点を修正しました。
・アンダーラインの色をフィールドと同じ色にできるよう対応しました。
・フィールドへのグラデーションの動的設定が反映されなかった点を修正しました。
・フィールドの属性設定時に終端座標が狂う場合があった点を修正しました。
・レコード中に矩形がある場合にExceptionが起きていた点を修正しました。
・自動リンクが最終リンクであるときのデータ分割方法の変更しました。
・レコードの網掛け属性設定ができなくなっていた点を修正しました。
・レコード内矩形の属性設定の不具合を修正しました。
・レポートライターモードで繰り返しが認識されていなかった点を修正しました。
・レポートライターモードで、編集式からのレコード外オブジェクトへの属性設定ができなくなっていた点を修正しました。
・レコード内アイテムの属性設定ができなくなっていた点を修正しました。
・レポートライターモードで、2ページ目以降のレコードが同じ位置に重ね書きされていた点を修正しました。
・レコードの塗り込みが2ページ目以降正しく行われなくなっていた点を修正しました。
・レコード内矩形が表示されなくなっていた点を修正しました。
・レコード網掛けの行指定が効かなかった点を修正しました。
・レコード領域外のレコード階層アイテムが設計位置にも出力されていた点を修正しました。
・ヘッダーレコードのある帳票で、最終ステータスが-133になる場合があった点を修正しました。
・レコード枠表示有無の設定が無効になる場合があった点を修正しました。
・レコード枠と一般の矩形とで名前が競合する場合があり、そうした場合に属性変更ができなかった。
 レコード・サブフォーム枠はRecord1.Box 等と指定するよう仕様を修正しました。
・レポートライターモードで、Exceptionが発生していた点を修正しました。
・レポートライターモードで、余計な改ページが発生していた点を修正しました。
・レポートライターモードで計算式/編集式の評価及び実行時のエラーを返すオプションを追加しました
・リンクフォーム内のフィールドの出力位置がおかしくなっていた点を修正しました。
・サブフォームと異なる方向のサブフォーム・レコード内リピートに対応できていなかった点を修正しました。
・サブフォーム・レコード枠と一般矩形の名前の競合が発生してしまう不具合を修正しました。
・旧形式に変換できる部品のオリジナルが過剰にコピーされていた点を修正しました。
・グローバル変数の初期値が正しく認識されなくなっていた点を修正しました。
・サブフォーム空き領域を埋めるレコードの網掛けが正しくない場合があった点を修正しました。
・リンクサブフォームの内容が消える点を修正しました。
・リンクフォームがある場合の属性設定ができなかった点を修正しました。
・リンクサブフォーム設定時に、不要なレコード枠を作成していた点を修正しました。
・リンクフォームがある場合、APIで設定した属性が、本来のものとは異なる対象に設定されていた点を修正しました。
・リンクフォームがある場合、APIでの属性設定が実行前に消える点を修正しました。
・3つ以上のサブフォームがリンクしている場合のバグを修正しました。
・サブフォームのある帳票でテスト印刷ができなくなっていた点を修正しました。
・サブフォーム直下の固定文字が出力されない場合があった点を修正しました。
・改ページ後のサブフォーム枠が正しく出力されなくなっていた点を修正しました。
・リンクサブフォームがある場合の、フィールドの出力位置が誤っていたのを修正しました。
・FRM互換XMLの場合に、自動リンクフィールドが機能しない場合があった。連写を使った様式の場合に、自動リンクフィールドが機能しない場合があった点を修正しました。
・改ページ後のサブフォーム内フィールドの出力位置がおかしかった点を修正しました。
・サブフォーム枠の出力がおかしい場合があった点を修正しました。
・リンクフォームがある場合にExceptionを生じていた点を修正しました。
・リンクフォーム内の フィールドの出力位置がおかしくなった点を修正しました。
・連写内のイメージが一つ余分に出力されてしまう現象を修正しました。
・連写に合成部品を使用した場合の不具合を修正しました。
・連写部品の属性設定の不具合を修正しました。
・連写の際のグラフィックオブジェクトの出力に問題があった点を修正しました。
・連写の階層下に置かれたQRコードが出力されない点を修正しました。
・連写でデータがない時の修正をしました。
・連写内固定文字の属性設定が効かなかった点を修正しました。
・連写の際にExceptionが起きる点を修正しました。
・大きさの無い連写があった場合にExceptionが起きる点を修正しました。
・連写の2ページ目で例外が発生する点を修正しました。
・連写を使った様式での自動リンクフィールドが正しく出力されていなかった点を修正しました。
・連写時に、余分に出力されるデータがあった点を修正しました。
・連写内リピートで繰り返されないアイテムがあった点を修正しました。
・連写に際して、ベーシックモードのアイテムが一つ余計に出力される場合があった点を修正しました。
・属性変更時にカラー関連情報が参照できなくなり、Exceptionを起こしてしまう点を修正しました。
・2ページ目以降の属性変更ができない点を修正しました。
・フィールド属性の設定(XML読み込み・動的変更)の処理時間を短縮するように修正しました。
・属性設定時にフィールド参照ができなくなっていた点を修正しました。
・階層認識の不具合により、レコードの展開や属性設定に支障をきたしていた点を修正しました。
・繰り返しでの属性設定を修正しました。
・旧方式のフィールド属性設定が他のフィールドに反映される点を修正しました。
・処理できない属性設定が溜まってパフォーマンスを低下させていたため、除去するよう修正しました。
・属性設定で参照されるフィールドの計算値が無い場合に、誤った設定がなされていた点を修正しました。
・XML様式から読んだ部品の属性を動的に変更した場合、次のページでは元に戻すように修正しました。
・XML様式から読んだ部品の属性を動的に変更しようとして失敗した場合、情報をデバッグログ出力するよう修正しました。
・新形式の属性設定が他の属性との組み合わせで無効になった場合にログにメッセージを出力するよう修正しました。
・新形式の属性設定において、フィールド値やグローバル変数値を参照し、その値が属性に対して不適切なものであった場合にログメッセージを出力するよう修正しました。
・属性設定エラーチェックに関する不具合の修正しました。
・新形式の属性設定において、事前のエラーチェックを行うかどうかをプロパティで制御できるように修正しました。
・属性設定エラーチェックに関する不具合の修正しました。
・属性設定で、グラフィックモードでのcolorIndexes=256がエラーとなっていたのを、正常値とみなすよう修正しました。
・属性設定で、editStyleの値が0・1以外エラーとなっていたのを、5まで正常値とみなすよう修正しました。
・属性変更で円・円弧の中心座標を設定した場合に-402エラーが発生していた点を修正しました。
・レコード枠の属性が変更できなくなっていた点を修正しました。
・円・楕円・正多角形のcx・cy属性を設定しても、出力に反映されなかった点を修正しました。
・正多角形の頂点の数を設定しても、出力に反映されなかった点を修正しました。
・直線のcurveTileLineWidth属性が効かなくなっていた点を修正しました。
・矢印の透明モードが効かなくなっていた点を修正しました。
・属性をページごとにリセットするモードで、直線矢印の属性設定が効かなくなっていた点を修正しました。
・直線矢印の属性として設定できる値の範囲が正しくなかった点を修正しました。。
・直線矢印のarrowPos属性の範囲が誤っていた点を修正しました。
・ページごとに属性をリセットするモードで2ページ目以降の属性設定が効かなかった点を修正しました。
・矩形の高さ・幅を設定できるように修正しました。
・リピートフィールドのeditStyleが効かなくなっていた点を修正しました。
・リピートアイテムの属性設定が効かなくなっていた点を修正しました。
・リピートアイテムの属性変更が効かない場合があった点を修正しました。
・リピートアイテムの属性設定において、設定値が空文字の場合、フィールド値を参照しようとしてExceptionを発生させていた点を修正しました。
・direction・point・fontNum・radius属性の範囲が誤って設定されていた点を修正しました。
・hanFontNum・tileLineType・outlineWidth属性の範囲が誤って設定されていた点を修正しました。
・属性設定において、フィールドのマスクイメージが指定された場合に、ファイルの存在チェックを行い、存在しない場合は-122エラーを発生させるよう修正しました。
・curvePattern=1のアイテムについて、属性変更によって、curveColor2を指定した場合に、-402エラーが発生していた点を修正しました。
・属性変更でtileImageFilePath・tileImageFittingを設定した場合に-402エラーが発生していた点を修正しました。
 属性設定において、アイテムの塗り込みタイルイメージが指定された場合に、ファイルの存在チェックを行い、存在しない場合は-122エラーを発生させるよう修正しました。
 fillingType=0またはグラデーションの設定されたアイテムに対し、内塗り色の設定を行った場合に、無視されるにもかかわらず、正常終了していたのを、-402を記録するよう修正しました。
・カラーモードでない場合にcurvePatternを設定した場合は-402エラーとなるよう修正しました。
・fillingType=0の場合にfillingOutline=falseの設定をした場合に-402エラーとなるよう修正しました。
・属性設定の順番を維持するよう修正しました。
・BOM(ByteOrderMark)付きのXMLを読み込むと、FRMと認識される点を修正しました。
・fillingType=3の場合にlineTileTypeを指定すると-402エラーとなっていた点を修正しました。
・fillingType=9の場合にroundGradientRadiusを指定すると-402エラーとなっていた点を修正しました。
・strFileName属性が変更された場合、指定されたファイルが存在するかチェックし、存在しない場合は-122を返す点を修正しました。
・繰り返し固定文字の座標属性変更が効かない場合があった点を修正しました。
・繰り返しの固定文字のグラフィック属性を変更した場合、第一行目の属性変更しか有効にならず、しかも全ての行に反映されていた点を修正しました。
・フィールドのdirection属性の範囲が誤っていた点を修正しました。
・ベーシックモードの矩形のfillingType属性を設定しようとすると-121のエラーになっていた点を修正しました。
・総ページ数取得モードの場合に、APIでの属性設定の戻り値がおかしかった点を修正しました。
・総ページ数取得モードで属性変更を行うと、変更対象が正しく選択されない場合があった点を修正しました。
・APIを使ったフィールドの属性変更が仕様通りできなかった点を修正しました。
・矩形に動的に設定された属性が反映されない場合があった点を修正しました。
・ベーシックモードの画像のstrFileName属性が動的に変更できなくなっていた点を修正しました。
・右詰めとかのためのフィールド幅計算をxml様式ファイルの読み込み処理から、フィールドの描画の直前に移動して、frm互換フィールド、無編集、小数点固定右詰めとか計算する必要ない場合に計算しないように修正しました。
・FontMetricsのアクセスを減らすため、固定幅フォントの文字幅をFontMetricsのcharWidth()で一回取得したら保存して使うように修正しました。
・パフォーマンス対応。イメージを要求した時だけテキスト幅計算をするように修正しました。
・PCL5
 - 出力が言語仕様に即していない部分がある点を修正しました。
 - 最後のフィールドが白文字である場合、後の画像が出力されなくなる点を修正しました。
 - ページで最初に印刷される文字の向きにより、正しく印刷されない場合がある点を修正しました。
 - 様式変更時に、様式の出力位置・寸法が正しくない場合があった点を修正しました。
 - A5横の出力位置が正しくない場合があった点を修正しました。
 - 様式切り換え後にTopMarginが解消される点を修正しました。
 - ページ先頭の非イタリック文字属性が適切に出力されず、前ページ末のイタリック文字属性が反映していた点を修正しました。
 - 塗り込みパターンの向きが用紙方向によって変わってしまう点を修正しました。
 - カラーの様式の場合に例外が発生する場合がある点を修正しました。
 - クーリエと他のフォントを混在して使用した場合に、クーリエが出力されない場合がある点を修正しました。
・NPDL2
 - 共通ページに設計した矩形で、右下の角処理を行わなかった場合(四隅とも角処理なしの場合は除く)、矩形が正しく描画されない点を修正しました。
 - 塗り込みパターンのある角処理あり矩形を印字した直後に、同一塗り込みパターンの矩形を描画すると塗り込みパターンが真っ黒になってしまう点を修正しました。
・LIPS4
 - 同一ページ内に、塗りこみパターンが同一で枠線の有無が異なる矩形がある場合、矩形の外枠が正しく描画されない点を修正しました。
 - イメージをベクタモードで印刷する設定(ImageMode=1)で、固定ピッチのフィールドにソフトフォントを印字した場合に、ソフトフォントが印字されない点を修正しました。
 - 矩形で任意の角を丸めた場合に、余計な直線が印字される点を修正しました。
 - グラフィックモードでフィールド・固定文字にグラデーション・ボールド・アウトラインを設定すると、最後の1文字だけボールドになってしまう点を修正しました。
 - LIPS4のグラフィックモードでフィールド・固定文字に半角「・」が半角eになる点を修正しました。
 - 固定文字をイタリック+塗りこみパターンをグラデーションorマスクイメージとしたとき、右端の方が塗りこみが欠けてしまう点を修正しました。
 - シャドウがフォントサイズによりほとんど見えないことがある点を修正しました。
 - グラフィックモードで固定文字、フィールド、テキストを含むグラフィックコンポーネント(吹き出しなど)にプロポーショナルフォントを設定し、黒・赤・青・緑以外の色を設定した場合印刷されない点を修正しました。(すべて同一色の場合)
 - 矩形等のパターン塗りこみの線幅が有効にならない点を修正しました。
 - コマンドで出力できない部品をイメージが出力しているがその際に異常終了することがある点を修正しました。
 - 円形グラデーション半径が1に満たない場合、円が消える点を修正しました。
 - LIPS4のテキストおよびテキストを使ったコンポーネントで、OCRBが出力されない点を修正しました。
 - AWTイメージorソフトフォントの文字位置がずれる点を修正しました。
 - オプションのOCR-Bフォントを使用すると、OCR-Bの設定でない固定文字/フィールド(互換モード)もOCR-Bフォントで出力が行われてしまう点を修正しました。
 - 周辺機器制御がJLの場合、DuplexBreakerプロパティの値に関わらず、用紙サイズその他の条件が変った後の両面印刷モードが正しく出力されない場合があった点を修正しました。
 - オプション ROM (CR-HIS) のOCRBフォントを使用すると正しく出力されない点を修正しました。
 - ImageMode=1の設定の場合に、グラフィックモードの様式で共通ページ 以外の固定文字及びフィールドが出力されないの点を修正しました。
・LIPS3
 - 部数指定が効かない点を修正しました。
 - LIPS4固有のコマンドが出力される場合がある点を修正しました。
 - グレースケール明度100の矩形を出力後、矩形内パターンが印刷されない点を修正しました。
・RPCS
 - 塗りこみ+枠線ありの矩形を描画後、枠のみの矩形を描画すると枠の色が薄くなる点を修正しました。
 - イメージが透過にならない点を修正しました。
 - エミュレーション切り替えがUIからできない点を修正しました。
 - 半角カタカナが出力されない点を修正しました。
 - 出力時に文字属性が消えていた点を修正しました。
 - 半角フォントが「なし」のフィールドに半角文字を入れるとRPCSでExceptionを起こしていた点を修正しました。
・RPDL
 - 印字領域を越えても重ね印字しないモードの設定を追加しました。
 vfreport.*.RPDL.propertiesでPrintOption=1となります。
 - 1ページ目が片面、2・3ページ目が両面の全3ページのデータを VrSetPunch() でパンチを指定した場合に、1ページ目はパンチされるが2・3ページ目はパンチされない点を修正しました。
 - VrSetPunchの指定が効かない点を修正しました。
 - 処理後のエミュレーション切替え(R55)が有効にならない点を修正しました。
 - 両面印刷+ソート(ステープル、パンチ)を指定すると両面印刷が効かなくなる点を修正しました。
 - VrSetSort(0)指定すると部数の指定が効かなくなる点を修正しました。
・IBM5577
 - 高速化しました。
 環境設定で「処理スピードを優先して実行」を指定します。
 - ナローサイズが2ドットより小さいバーコードが出力されない点を修正しました。
 - 「ページ長設定」を使用しない場合に、2頁目以降の先頭の文字列の印字位置が右横にずれる点を修正しました。
 - カラービットマップを印字すると例外が発生する点を修正しました。
モノクロのビットマップのみを処理するよう変更しました。
・ESCP
 - 高速化しました。
 環境設定で「処理スピードを優先して実行」を指定します。
 - ナローサイズが2ドットより小さいバーコードが出力されない点を修正しました。
 - フォントの横倍率を0.5にした場合に、印字位置のズレが発生する点を修正しました。
 - カラービットマップを印字すると例外が発生する点を修正しました。
 モノクロのビットマップのみを処理するよう変更しました。
・PR201
 - 高速化しました。
環境設定で「処理スピードを優先して実行」を指定します。
 - マスク(エリア)がある場合に、印字ズレが発生する場合がある点を修正しました。
 - ページが進むにつれて、バーコードの読み取り性能が落ちていく点を修正しました。
 - 文字サイズが10.5?11.9ポイント設計以外の場合に、印字位置がずれる点を修正しました。
 - 印字速度が遅くなる場合がある点を修正しました。
 - ナローサイズが2ドットより小さいバーコードが出力されない点を修正しました。
 - 文字が左に詰まって印字される点を修正しました。
 - 倍角の文字がつぶれて印字される点を修正しました。
 - 倍角が入る位置に空白値が入るとそのフィールド以降の印字位置が1段下にずれるの点を修正しました。
 - フォントの縦横倍率を2倍(4倍角)にした場合に印字位置が設計よりずれる点を修正しました。
 - PR201のソフトウェアリセットを行うかを環境設定で指定できるように修正しました。デフォルトはしない設定になっています。
 - PR201において、スペースデータは出力しないようにしていたので、(データとして捨てていた)スペースデータしかないページの場合に、改ページもされなかったので、改ページは行うように修正しました。
・DP Series
 - B5とB4の用紙サイズが逆になっている点を修正しました。
 - 環境設定の「拡大・縮小(%)」の指定が効かない点を修正しました。
 - オフセットスタックの設定が有効にならない点を修正しました。
 - 固定ピッチの場合に半角カナが化ける点を修正しました。
 - 同じ様式で1ページ目に網掛けパターンがなく、2ページ目以降に網掛けパターンが存在する場合にそのページ以降が出力されない点を修正しました。
 - 環境設定で排紙先が「様式に従う」となっている場合に、API (VrSetOutputBin) で排紙先を指定しないと例外が発生する点を修正しました。
 - 様式の縮小モードが有効にならない点を修正しました。
 - グレースケール明度が 1% 単位で有効にならない点を修正しました。
RoundGrayScale=Falseとなります。
 - 塗り込み矩形と外枠のみの矩形が重なると、外枠のみの矩形の外枠が塗り込みで見えなくなってしまう点を修正しました。
 - VrSetDuplexの指定が効かない点を修正しました。
 - スタートシート、エンドシートの設定を「なし」に指定しても、サーバ側のデフォルト設定に従う点を修正しました。
 - スプールデータ内のジョブパスワードがダブルクォーテーションで囲まれず、パスワードが有効にならない点を修正しました。
 - フォント属性がセットされずプリンタで PS エラーになる場合がある点を修正しました。
 - 両面印刷+部数指定の場合に、部数指定が効かない点を修正しました。
 - XEROX DP Seriesで、トレイ4が指定できない点を修正しました。
 - XEROX DP Seriesでアトリビュートリストが2048回までしか出力されないのを12000回まで出力されるよう修正しました。
・POSTSCRIPT
 - 固定ピッチの場合に半角カナが化ける点を修正しました。
 - カラーの様式でQRコードを印字すると例外が発生する点を修正しました。
 - 一旦手差しトレイを指定すると、以降ずっと手差しトレイから給紙される点を修正しました。
 - 同じ様式で1ページ目に網掛けパターンがなく、2ページ目以降に網掛けパターンが存在する場合にそのページ以降が出力されない点を修正しました。
 - 半角フォントがクーリエの場合に文字列の先頭の半角カナが化ける点を修正しました。
 - 半角フォントがクーリエの場合に半角カナの濁点、句読点、括弧が印字されない点を修正しました。
 - RICOH Imagio Color 5100 厚紙対応で新しく追加したキーが properties に無いと給紙トレイと排紙ビンのコマンドが出力されない点を修正しました。
 - 様式の縮小モードが有効にならない点を修正しました。
 - グレースケール明度が1% 単位で有効にならない点を修正しました。
 RoundGrayScale=Falseとなります。
 - 塗り込み矩形と外枠のみの矩形が重なると、外枠のみの矩形の外枠が塗り込みで見えなくなってしまう点を修正しました。
 - フォント属性がセットされずプリンタで PS エラーになる場合がある点を修正しました。
 - 共通ページの矩形に1ページ目の文字を重ねると白文字が有効にならない点を修正しました。
 - 両面印刷+部数指定の場合に、部数指定が効かない点を修正しました。
 - PrinfinaMANAGERPSでウォーターマークが白文字の場合に、直後のアイテムが白で描画される点を修正しました。
 - PrinfinaMANAGERPSで、ウォーターマークで BRIGHT属性で1~99の中間値に対応しました。
 - PrinfinaMANAGERPSで、ウォーターマークで最背面に描画されていなかった点を修正しました。
 - PrinfinaMANAGERPSで、ウォーターマークで、BRIGHT+OUTLINEの場合にBRIGHTの値が反映されない点を修正しました。
 - Exif形式のJPEGに対応しました
 - 文書の途中で様式の用紙サイズが変わった場合に、最初の様式の用紙サイズのまま印刷される点を修正しました。
 - TIFFファイルを貼り付けした印刷に対応しました。
 - java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException: 486304が発生して印刷ができまい点を修正しました。
 - グラフィックモードでフィールド・固定文字に半角カナを使用すると印刷ができなかったり、別の半角英数文字として出力される点を修正しました。
 - 共通ページ矩形とバーコードを重ねると、バーコードが共通ページ矩形の下に出力され見えなくなってしまう点を修正しました。
・JPP
 - 固定ピッチの場合に半角カナが化ける点を修正しました。
 - 同じ様式で1ページ目に網掛けパターンがなく、2ページ目以降に網掛けパターンが存在する場合にそのページ以降が出力されない点を修正しました。
 - 様式の縮小モードが有効にならない点を修正しました。
 - グレースケール明度が 1% 単位で有効にならない点を修正しました。
 RoundGrayScale=Falseとなります。
 - 塗り込み矩形と外枠のみの矩形が重なると、外枠のみの矩形の外枠が塗り込みで見えなくなってしまう点を修正しました。
 - フォント属性がセットされずプリンタで PS エラーになる場合がある点を修正しました。
 - 両面印刷+部数指定の場合に、部数指定が効かない点を修正しました。
・PRESCRIBE2
 - 2ページ以上の印刷を行った場合に、2ページ目の線の線種が正しく指定されない場合がある点を修正しました。
 - PRESCRIBE2でVrCopyが効かない点を修正しました。
・CASIO N4/N5
 - 2バイトコードのシンボルセットを選択できるよう対応しました。
 - 1ラインのピクセル数が4096を超えるイメージデータが出力されない点を修正しました。
 - 16色と256色のビットマップを使用すると、例外が発生する点を修正しました。
・ESCPAGE
 - 異なる様式ファイルにまたがった両面印刷ができない点を修正しました。
 - 白文字指定の場合、通常文字&ソフトフォントの両方とも白文字で出力するよう修正しました。
 - 白抜き文字(背景が黒の場合の白文字)も、両方とも白文字で出力するよう修正しました。
・ART4
 - カラーの様式を使用した場合に、グレースケールの矩形が正しく出力されない点を修正しました。
 - 固定ピッチ・自由ピッチ切換え時に文字属性が正しく設定されない点を修正しました。
 - 固定ピッチ時に半角括弧が印字されない点を修正しました。
 - 白文字のフィールドを出力後、バーコードが白黒反転する場合がある点を修正しました。
 - デフォルト解像度を600dpiに変更しました。
 - 矩形がオーバーレイ出力されると白文字が上書きされるため、矩形のオーバーレイ出力は行わないよう修正しました。
 - カラー画像が正しく出力されない点を修正しました。
 - 両面印刷時に VrPaperEject() を発行すると、綴じ代が逆になる場合がある点を修正しました。
 - モノクロビットマップに印刷色が反映されない点を修正しました。
 - 固定ピッチ・自由ピッチ切換え時に、直前の文字修飾が有効になっている点を修正しました。
 - 400dpi 以外 (600dpi) での角丸め半径がおかしい点を修正しました。
 - 矩形枠と中塗りの色が異なる場合に異常な出力となる点を修正しました。
 - ソート指定が無い場合、部数の指定が効かない点を修正しました。
 - 共通ページに設計したアイテムの色が有効にならない点を修正しました。
 - シャドウ文字を使うと、他のアイテムが正しい色で出力されなくなった点を修正しました。
 - モノクロ様式でシャドウ文字出力後、他のフィールドの文字がグレースケールで出力されていた点を修正しました。
 - 様式切り換え前後のトレイ指定が同じ場合、後の指定が無視され、プリンタのデフォルトトレイから給紙されていた点を修正しました。
 - カラー様式からモノクロプリンタに出力すると、文字が印刷されなかった点を修正しました。
・VSP
 - 非標準サイズの半角文字を文字幅拡大モードで使用した場合、拡大対象文字とそうでない文字との文字位置にずれが生じる点を修正しました。
 - 2回目以降の様式読み込み後、固定文字が化けて印刷される場合があった点を修正しました。
・Dot
 - ソフトフォントを使う場合、大きいサイズのソフトフォントを、実サイズに収縮した場合の印字位置の補正に問題があった点を修正しました。