Super Visual Formade 設計部 6.2aから6.2cリリース情報

公開日時:2012/10/02 10:49 記事番号:000009239
製品ブランド:SVF

機能追加事項

1.機能追加事項
・ クエリ設計部において、「ファイルメニュー」より、JDBCドライバの選択を行えるように機能追加されました。
クエリ実行部から、Java実行部を選択し「印刷実行」「印刷プレビュー」を行なう場合に、Ver6.2aまでは、「SVFJPJRElibext」の下に、オラクルのJDBCドライバをコピーする必要がありましたが、今回からは「JDBCドライバの選択」で別フォルダにあるJDBCドライバを指定しておく事により、実行が可能となるように、変更されました。 ※ 従来のextフォルダの下にJDBCファイルをコピーする方法では、使用できなくなりました。

修正事項

1.修正点
・ Ver6.2aでインストール時に「SVFJPJRElibext」のフォルダの作成がされていなかった為、作成するように修正しました。
・ Java起動用のツール(AppLauncher.exe/SvcLauncher.exe)を更新。
更新内容
 1、実際には使用できないオプションであった終了通知チェックボックスを削除しました。
 2、サービスが異常終了した場合の再起動機能を追加しました。
・ SVF設計部において、「フィールドの一括設定」にて作成されたフィールドと、「フィールドの新規作成」にて作成されたフィールドの項目名の重複チェックがされず、エラー通知が表示されなかったのを修正しました。