SVFX-Designer 8.1から8.2リリース情報

公開日時:2012/10/01 18:29 記事番号:000009223
製品ブランド:SVF

機能追加事項

●フリーサイズ用紙に対応しました。
●動作設定ダイアログの「その他」にフォームウィンドウのキャンバスサイズを設定する機能が追加されました。
●ダイアログで設定した値がフォームウィンドウ上のチャートアイテムにリアルタイムで反映するよう対応されました。
●チャートの設定可能属性に「sampleName」を追加しました。
●フォームウィンドウ上のロックされたアイテムを右クリックして「ロック解除」を選択することが可能になりました。
●テキストフレームの文字列編集ダイアログ内の操作がUndo、Redoに対応しました。
 ※UndoはCtrlキー+ Zキー、RedoはCtrlキー + Yキーを押下します。
●グリッド設定ペイン内の、「文字の配置位置」と「文字ピッチをグリッドに合わせる」の設定を、以下の場合のみに反映するように変更しました。
 1)固定文字、フィールドのみ
 2)「グラフィックモード」プロパティがOFF(互換モード)
 3)「文字の方向」プロパティが「横」
 4)「回転角度」プロパティが「0」
●「ファイル」メニュー内の「一括変換」メニューで、変換元のFRM様式ファイル内に不正な編集式や計算式が含まれている場合、ダイアログで該当するアイテム名とその内容を表示するよう対応しました。
●ユーザレイヤを右クリックして「上に移動」、「下に移動」というメニューを追加しました。
●アイテムを右クリックして階層移動するとき、様式内に8個以上のリピートが存在する場合は、メニューがスクロールするよう対応しました。
●アイテム複数選択時にチャートの拡大、縮小ができるよう対応しました。
●グループ化されたアイテムの一部を削除する際、確認メッセージを表示するよう対応しました。

修正事項

●付加記号'\'を含むFORMAT関数を計算式に指定すると、XML内の情報が不正となる点を修正しました。
●付加記号'\'を含む「"\"+"ZZ9"」という書式文字列を計算式に指定すると、XML内の情報が不正となる点を修正しました。
●SVFX-Designer8.0からVer1.1へバージョンをダウンさせた場合、レジストリ情報が正しくクリアされずSVFX-●Designer1.1が起動できなくなる点を修正しました。
●連写内にサブフォーム、レコードが配置されていると、テスト印刷で連写直下のフィールドが出力されない点を修正しました。
●SVFX-Designerの様式編集とクエリーデザイナーの様式編集を同時に行った場合、SVFX-Designerにて様式保存を行うと様式に配置されたテキストフレームのアイテム情報が失われてしまう場合がある点を修正しました。
●StraFormデザイナとSVFX-Designerを同一端末にインストールした場合、ライセンスキーが登録できなくなる点を修正しました。
●サブフォーム-「印刷モード」の選択肢が正しく表示されていない点を修正しました。
 [修正前]
 「detail」
 「small total」
 「middle total」
 「grand total」
 「garnd tatal」
 「middle total」
 「small total」
 「detail」
 [修正後]
 「Details - Subtotal - Intermediate total - Major total」
 「Major total - Intermediate total - Subtotal - Details」
●フィールドの「重複時の罫線サプレス」の翻訳を修正しました。
 [修正前]
 「Suppresses Rule at the Time of Duplication」
 [修正後]
 「Suppress line on duplicated」
●フィールドの「累積値のクリアー」の翻訳を修正しました。
 [修正前]
 「Suppresses Line at the Time of Duplication」
 [修正後]
 「Clear total value」
●複数の様式ファイルを使用して1つの帳票出力を行う際に、先にVrSetFormでセットした様式ファイルのレイヤーの設定情報を引き継いでしまいパフォーマンスに影響していた点を修正しました。
●繰返し設定されたアイテムをコピー(ctrl+c)、ペースト(ctrl+v)すると、ペーストしたアイテムを右クリックして表示されるメニュー内に階層移動の項目が表示されない点を修正しました。
●CODE128/EAN128のバーコード桁数をプロパティエディタで変更する際、48桁までしか指定できない制限を256桁に変更しました。
●イメージアイテムのプロパティ「綴り設定」の「1ページ目の色」の表示/非表示がSVFX-Designer起動後初めて選択したイメージで固定されてしまう点を修正しました。
●ライブラリファイル(ini、csv等)に30バイトを超える名称を持つフィールドを設定し、「ライブラリ・ウィンドウの表示」を実行すると、30バイトを越えるフィールドが作成できてしまう点を以下の通り修正しました。
 1)ライブラリウィンドウ上で赤く表示する。
 2)ライブラリウィンドウから設計画面にドラッグアンドドロップを行った場合は、エラーダイアログを表示してフィールドの作成を行わない。
 3)自動レイアウトの処理では対象外とする。そのため「自動レイアウトの設定」画面にはその項目は表示されない。
●ビットマップフィールドを含む繰返しアイテムが存在するFRM様式ファイルを読み込んでテスト印刷した場合、Exceptionが発生する点を修正しました。
●ビットマップフィールドを含む繰返しアイテムが存在するFRM様式ファイルをXML様式に変換した場合に繰返し設定が解除されてしまう点を修正しました。
●グリッド設定にてアイテムの配置位置を「しない」、且つ「文字ピッチをグリッドに合わせる」がOFFの場合にのみ位置調整パレット内で以下のボタンが利用可能となるように修正しました。
 1)(ピッチ)左に合わせる
 2)(ピッチ)右に合わせる
 3)(ピッチ)上に合わせる
 4)(ピッチ)下に合わせる
 5)(水平)矩形内の均等割付
 6)(垂直)矩形内の均等割付
●グリッド設定の「文字の配置位置」を左上以外に設定すると、グリッド位置の再計算で誤差が発生しアイテムの再選択が行えない場合がある点を修正しました。
●SVFX-Designerにてfrm様式ファイルを開いた際、複数の繰返しアイテムが存在し、矩形や直線等のように名称がつけられていない部品がその繰返しアイテム内に含まれている場合、繰返し幅の表示が不正となる点を修正しました。グリッド設定の「文字の配置位置」の設定を変更しても、アイテムの再選択だけではその設定値通りにアイテムが移動しない点を修正しました。イメージアイテムの、「イメージの種類」プロパティを「ファイルを実行時に指定」に設定した状態でテスト印刷を行った場合にテスト用の画像が表示されない点を修正しました。
●FRM-XML変換時、レコードに含まれていない罫線がレコード階層に含まれてしまう点を修正しました。
●西欧言語・チェコ版にてプロパティエディタで小数点を含む数値の表示形式が「0,00.0」のように不正になる点を修正しました。
●クエリーグリッドの「集計」欄が「条件」となっている項目は、通常「表示」欄が空白(非表示)になっていますが、一旦「集計」チェックボックスをOFFにして、空白だった「表示」欄の値を「表示」に変更すると、次回「集計」チェックボックスをONにしても、「集計」欄の値が「条件」となっているにもかかわらず、「表示」欄の値が「表示」のまま初期化されない点を修正しました。
●2ページ以上あるファイルを、「ファイルから文字と罫線を読み込む」の操作で読み込んだ場合に、2ページ以降の文字情報が1ページ目に全て反映されてしまう点を修正しました。
●FRM-XML変換時、サブフォームに含まれる罫線がサブフォーム階層に含まれない点を修正しました。
●テスト印刷でEMFプレビューを実行した際、印刷アイコンを押下してもテスト印刷が行われない点を修正しました。
●デザインコンバータによるSTXフォームファイルのインポート処理実行の際、プロポーショナルフォントリストの出力が正しく行われない点を修正しました。
●xml様式ファイルを読み込んだ際、フィールドの「キー項目」に「0」が設定されていた場合、「合計レコード」や「ヘッダレコード」の値を初期化するよう修正しました。
●テキストフレームの配置された様式を開いた場合、デバッグログに処理時間が出力されていた点を修正しました。
●確定前の固定文字の文字列を部分選択して編集した場合、UNDO、REDOで例外が発生する点を修正しました。
●固定文字作成の際、最初の入力文字列が確定されるまで「更新」Undo情報は追加しない様修正しました。
●グリッド配置情報が含まれる様式ファイルを開いた際、グリッド配置していない固定文字・フィールドが含まれる合成アイテムを作成すると固定文字・フィールドがずれてしまう点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」に設定し、配置済みのレコードをコピーしてサブフォーム内に貼り付ける際、貼り付けようとする最初の領域(マウスをクリックした位置を左上とする領域)と重なるレコードが既に存在すると、サブフォームからはみ出して配置される場合がある点を修正しました。
●チャートアイテムを複数選択した場合、サイズ変更が行えない点を修正しました。
●frm様式ファイルを開いて保存した場合に、パレット情報が256色で保存されるよう修正しました。
●親子関係にあるアイテムをそれぞれ選択(複数選択)して合成アイテムを作成すると、子アイテムが重複して合成アイテムに登録される点を修正しました。
●繰返し設定されたアイテムを移動後、Undo操作を行うと繰返し設定枠のみ元の位置に戻り、繰り返し内のアイテムが移動しない点を修正しました。
●サブフォーム、レコードを連写の階層に移動した後、レコード上にフィールドを配置するとナビゲータウィンドウ「階層別」タブにフィールドが正しく表示されない点を修正しました。
●「パレットカラーの読込」および「パレットカラーの保存」ダイアログでパレットファイル選択後、「取消し」を選択しても「取消し」が有効にならない点を修正しました。
●サブフォーム外に配置した繰り返しフィールドをレコード内にコピーしサブフォームを移動した場合、コピーしたアイテムの移動が不正となる点を修正しました。
●レコード内に配置した図形の中心を使って移動した際、図形がサブフォーム部品からはみ出す場合がある点を修正しました。
●チャートアイテムにてサンプルデータのヘッダー文字列にダブルクオーテーション、カンマが含まれていた場合、エクスポートが行えない点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」に設定し、[選択表示の方法]を「反転表示」をするとチャートアイテム表示が不正となる点を修正しました。
●繰り返し、サブフォーム、レコードを矢印キーで移動後UNDOするとアイテムの位置が不正となる点を修正しました。
●選択や図形作成時のドラッグでマウスが図面をはみ出した時、マウスドラッグを放しても自動スクロールで端まで移動してしまう点を修正しました。
●動作設定の操作モードで、マイナス座標制御をONにした場合、チャートアイテムが反射表示する点を修正しました。
●初期値設定で「リセット」ボタンを押した場合、確認メッセージを表示後、初期値設定ダイアログを終了するよう修正しました。
●サブフォーム・レコード内にメモアイテムを配置するとExceptionが発生する場合がある点を修正しました。
●アイテムを複数選択し、ナビゲータの階層別タブで非表示設定してもフォームウィンドウ上の表示と連動しない点を修正しました。
●用紙の初期設定画面にて、印字位置調整のリセットが有効にならない点を修正しました。
●部品を右クリックメニューを使用してレイヤー移動するとUndoが有効にならない点を修正しました。
●ユーザーレイヤーをドラッグしてレイヤー間を移動した場合、UndoするとExceptionが発生する点を修正しました。
●サブフォーム+レコード内の全てのアイテムを選択して位置調整パレットで「水平均等割付」、「垂直均等割付」を行うとレコードがサブフォームの外に配置されてしまう点を修正しました。
●固定テキスト配置時にテキスト編集を確定させずに別のウィンドウをクリックするとテキスト配置モードではないのに、テキストが配置される場合がある点を修正しました。
●チャートのプロパティエディタにて始点X座標値<終点Y座標値と設定した場合にエラーダイアログが大量に表示される点を修正しました。
●表示倍率を400%に設定した際に、ドラッグ図形選択でアイテムを選択しない状態でのGUI動作改善を行いました。
●様式ファイルの自動バックアップ処理実行時にExceptionが発生する場合がある点を修正しました。
●バーコード(NW7、CODE39、CODE39チェック付、ITF)桁数をスピナー操作で小さくした場合に、バーコードがヒューマン文字を含めて画面上から消えてしまう点を修正しました。
●図形の右クリックメニューを表示する際に左右のマウスボタンを同時にクリックするとExceptionが発生する点を修正しました。
●表示倍率を400%で固定文字を範囲選択したとき、固定文字のハイライト表示が不正となる点を修正しました。
●ITFバーコードの右クリックメニュー「バーコードエレメント幅」でダイアログに「ギャップ」値が表示されていた点を修正しました。
●「スクロール優先:する」に設定し、サブフォーム上のアイテムを矢印キーで移動させた場合に白い線が表示されていた点を修正しました。
●ナビゲーターウインドウにて、アイテムのレイヤー移動後に階層を閉じても階層が開いてしまう点を修正しました。
●繰返しとフィールドに対し、位置調整パレット「(水平)中央割付」にて位置調整を行うと、繰返し枠が正しく移動しない点を修正しました。
●矩形内に配置した繰返しフィールドのフィールドのみ選択して位置調整パレット「下(線)に寄せる」にて位置調整を行うと、正しい位置に配置されない点を修正しました。
●アイテムの削除を行った際、削除アイテム名をリンクしているアイテムについてもUndoが適用されるよう修正しました。
●「スクロール速度優先:しない」設定の際、ヒューマン文字を全角指定にしても配置済みのバーコードに即時反映されない点を修正しました。
●「スクロール優先:する」に設定し、グリッド位置の詳細表示をした場合に範囲選択の点線右側が表示されない点を修正しました。
●バーコードの初期値設定で「ヒューマン文字印字:チェックON」設定した際、フォームウィンドウ上では表示されない●バーコードが定義できてしまう点を修正しました。
●「スクロール優先:する」設定の際、図形選択の青ラバー表示が不正になる点を修正しました。
●ナビゲータウィンドウ「綴りページ」タブにてアイテム選択した場合に、フォーム上の該当アイテムが選択表示されない点を修正しました。
●「折線・多角形」の編集を確定させずに別の子ウィンドウの図面をクリックするとExceptionが発生する点を修正しました。
●横フィールドの繰り返しに対し「(垂直)部品の均等割付」をした場合に、実行不可能である旨エラーメッセージが表示するよう修正しました。
●ナビゲータウィンドウ「レイヤー別」タブでツリーノードを右クリックした時、正規位置の指定前にポップアップメニューが表示されていた点を修正しました。
●矩形チャートダイアログ「系列」タブで「第二数値軸」に系列がない場合、「方向と表示」タブの「第二項目軸の表示」チェックボックスの入力制限を行うよう修正しました。
●複数の表認識を行った場合に、一方の表の調整バーをドラッグすると、もう一方の調整バーが消えてしまう点を修正しました。
●ユーザーレイヤー選択用ポップアップメニューの上部と下部にメニュー項目をスクロールさせるためのボタンを表示するように修正しました。
●部品をドラッグしたまま元の位置に戻そうと移動させたとき、マウス位置が「移動開始量」以下でも元の位置に戻せるよう修正しました。
●ロック状態のアイテムがあるユーザーレイヤー層を一括移動すると、ロック情報が引き継がれない点を修正しました。
●矩形の基本図形初期値設定にて塗りこみパターンを「グラデーション1」に設定した際、矩形アイテムを配置すると、グラデーション開始色と終了色の設定に関わらず、グラデーション開始色だけで表示される点を修正しました。
●繰返し設定されたアイテムが大量に配置されていた場合、右クリックメニューで表示される「リピートへ移動」メニューを表示した際、スクロールボタンで任意のリピートを指定できるよう修正しました。
●ユーザーレイヤに配置した直線・矩形・固定文字をナビゲータウィンドウの綴りページタブにある「共通」チェックを外した場合、各アイテムのレイヤに移動してしまう点を修正しました。
●「用紙」の初期値設定を行った後、新規フォームを作成し、何も設計せず「×ボタン」でフォーム閉じた場合にファイルの保存確認メッセージが表示される点を修正しました。
●「フィールド」の初期値設定(全角フォントの変更)を行った後、動作設定画面にて初期値設定したフォントを削除し、「フィールド」を作成すると、Exceptionが発生する場合がある点を修正しました。
●新規作成したファイルを保存し、保存ファイルを閉じずに同一ファイルを開くことが可能である点を修正しました。
●グラフィックモードOFFの固定文字を回転角度0以外にした場合、部分文字列選択の際、グラフィックモードの回転角度で座標変換していた点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」を設定の際、[ツール]-[拡大イメージの表示] が選択可能である点を修正しました。
●「ライブラリウィンドウ」の「自動レイアウトの設定」ダイアログで「フォントサイズ」の最大値を96に修正しました。
●文字型のフィールドが自動レイアウトで1行に収まらない場合に、作成したリンクフィールドの名称が「リンク先のフィールド名」に設定されない点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」を設定の際、矩形の線幅を太くすると右辺以外の線幅表示が不正となる点(細く表示される)を修正しました。
●複数フィールドを別フォームにペースト後、用紙方向を「縦」にするとフィールド方向も縦になってしまう点を修正しました。
●ナビゲータウィンドウの「綴りページ」を展開した状態で、罫線を選択し右クリックメニューを表示すると「罫線を矩形に変換」が選択できない点を修正しました。
●ナビゲータウィンドウの各タブ(綴りページ、階層別、レイヤー別)のアイテム表示を「展開-圧縮」してアイテム選択すると Exceptionが発生する点を修正しました。
●「区域の合成」の「合体」と「交差」で表示メッセージのタイトルを統一しました。
「ctrl+a」で矩形状の「線」を選択した際、右クリックメニューで表示される「罫線を矩形に変換」が使用不可になっている点を修正しました。
●円弧に対し、メニュー「編集」-「図形の変形」-「反転X」と「反転Y」を繰り返すと始終点角度が設定可能範囲(-360から360)を超えた値が設定されてしまう点を修正しました。
●テキストフレーム文字列編集ダイアログの横スクロールバーを削除しました。
●合成アイテムの解除操作において、「F4」キー押下で実行した場合、解除されない点を修正しました。
●テキストフレームの文字列編集でフィールド追加した場合、追加フィールド上をクリックした際に表示されるフォント名が不正となる点を修正しました。
●チャート内のプロットエリア、凡例がグリッド幅に関係なく移動できるよう修正しました。
●チャートのみプロパティエディタの「名前」を表示するフォントが異なっていた点を修正しました。
●ページカラーの変更が様式上のアイテムに即時反映されない点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定で、直線のみで作成されている表を表認識させた場合、「後に挿入」を行った時、●Undo、Redoの動作が不正となる点を修正しました。
●矩形と直線で作成した表を表認識させて行/列の削除後Undoした場合にナビゲータウィンドウ上のアイテム名が不正となる点を修正しました。
●クエリーグリッドにてコピー&貼り付け実行時に1行目の「DBフィールド名」を選択すると「編集」の「元に戻す」以外の選択ができなくなる点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」に設定した際、グリッド設定ありのfrm様式を開いた場合に、グリッドが表示されない点を修正しました。
●アイテムをドラッグしたままDeleteキーを押下するとExceptionが発生する点を修正しました。
●サブフォーム内レコードを選択し「整列」を実行した時、レコードがサブフォーム外に出てしまう場合がある点を修正しました。
●連写内のサブフォームをメイン階層に移動した場合に、サブフォームに配置したアイテムがナビゲータウィンドウ内の●「階層」タブに表示されない点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」に設定した際、アイテムの配置位置により右クリックメニューが折り返し表示されない点を修正しました。
●様式を複数開いていた場合に、「初期設定を保存」が保存実行時にアクティブになっていた様式にのみ反映される点を修正しました。
●「PrintScreen」押下後にペースト操作を行うとExceptionが発生する場合がある点を修正しました。
●サブフォームを含む合成アイテムを作成し、元となったアイテムを削除した後、登録した合成アイテムを配置して「元に戻す」を実行すると、画面には何も存在しないのにナビゲータウィンドウの「綴りページ」、「レイヤー」にアイテムが残ってしまう点を修正しました。
●ユーザレイヤのレイヤ毎の移動を行う場合に、右クリックメニューにて「上へ移動」、「下へ移動」が選択できるよう修正しました。
●動作設定の「操作モード」内、「選択表示の方法」-「互換モード」に設定されている場合に、固定文字を選択した状態で他アイテム配置の始点に固定文字内をクリックすると文字列編集モードになる場合がある点を修正しました。
●ライブラリ・ウィンドウの自動配置を行った場合、バーコードが配置されてしまう点を修正しました。
●初回にイメージの読込みを行った際に「元に戻す」が選択できない点を修正しました。
●帳票のイメージを読み込みを複数回行った場合に、新しく読み込んだイメージに置き換わらず、読み込んだイメージ全てが表示されてしまう点を修正しました。
●レイヤー別タブで個別にアイテムを選択しロックしても、プロパティウィンドウでの編集が可能となる点を修正しました。
●「編集アイテムの選択」で「全てのアイテム」を切り替えた時、「全てのアイテム」チェックをONにすると各アイテムのチェックがOFFになってしまう点を修正しました。
●テスト印刷実行の際、XPS機種プリンタを選択するとエラーとなる点を修正しました。
●環境設定で出力先がプリンタの時、テスト印刷のプレビューで不正なエラーが発生してしまう場合がある点を修正しました。
●固定文字をドラッグ移動中に右クリックした場合に、文字列編集モードになる点を修正しました。
●フォーム上でのアイテムドラッグ操作中(マウス左ボタン押下中)の右ボタンクリック又は、右ボタンダブルクリックが無視されるよう修正しました。
●バーコード種類が「CODE39チェック付き」のバーコードをテスト印刷した場合、画面表示桁数より1桁多く出力されている点を修正しました。
●以下の4種類のバーコードについて、四隅のハンドルドラッグ操作より高さ調節ができるよう修正しました。
 1)JAN標準
 2)JAN短縮
 3)CVS-EAN128
 4)雑誌バーコード
●郵便バーコード以外のバーコードにて、CTRL+ハンドルドラッグ操作でピッチが減る方向にドラッグした場合にピッチ途中から増える場合がある点を修正しました。
●表認識後の「行」に対して「前に貼り付け」または「後ろに貼り付け」を実行した後に「元に戻す」、 「やり直す」を実行した場合に、Exceptionが発生する場合がある点を修正しました。
●「固定位置に出力」が「ON」の総計レコードに対して、以下の通り修正しました。
 1)明細レコードに変更してテスト印刷した場合、固定位置ではなく、明細行に出力されること。
 2)ヘッダーレコードに変更してテスト印刷した場合、固定位置ではなく、ヘッダー行に出力されること。
●「固定位置に出力」が「ON」の合計レコードに対して、以下の通り修正しました。
 1)明細レコードに変更してテスト印刷した場合、固定位置ではなく、明細行に出力されること。
 2)ヘッダーレコードに変更してテスト印刷した場合、固定位置ではなく、ヘッダー行に出力されること。
●テスト印刷にて、テストデータ取り込みモードのCSVファイルの指定をダイアログ選択に修正しました。
●バーコードのプロパティ「1ページ目の色」にて以下の通り修正しました。
 1)上下キー押下時に、フォーカスが斜めではなく上下に移動すること。
 2)各列の最上段にて上キー押下時、フォーカスが移動せず、例外が発生しないこと。
 又、各列の最下段にて下キー押下時も同様であること。
●フォームウィンドウを選択した状態で「F1」キーを押下した場合は、用紙プロパティの説明のヘルプ画面を表示するよう修正しました。
●複数の様式を開いた状態で、アイテムアイコンを押下し、アクティブでない様式に配置しようとした場合、マウスカーソルがハンドスクロール用カーソルのままとなり描画が行えないよう修正しました。
●バーコードオプションで「高密度」を選択すると「補正」が「しない」に変わる点を修正しました。
●表示倍率が25%以下の場合に、クリック選択できない場合がある点を修正しました。レコードのプロパティエディタ「始点Y」、「終点Y」がスピナーで連続変更できない点を修正しました。
●バーコードオプションの表記が不揃いな点(「image」と「Image」を「Image」に統一)を修正しました。
●[矩形チャート項目軸]ダイアログ-[目盛り]タブの編集可/不可の制御を以下の通り修正しました。
 1)[目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[目盛りの設定]-「目盛りの種類」がdisableになること。
 2)[補助目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[補助目盛りの設定]-「補助目盛りの種類」がdisableになること。
●[矩形チャート数値軸]ダイアログ-[目盛り]タブの編集可/不可の制御を以下の通り修正しました。
 1)[目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[目盛りの設定]-「目盛りの種類」がdisableになること。
 2)[補助目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[補助目盛りの設定]-「補助目盛りの種類」がdisableになること。
●[円形チャート軸]ダイアログ?-目盛り]タブの編集可/不可の制御を以下の通り修正しました。
 1)[目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[目盛りの設定]-「目盛りの種類」がdisableになること。
 2)[補助目盛り線の表示]チェックをOFFにした場合に、[補助目盛りの設定]-「補助目盛りの種類」がdisableになること。
●動作設定にて以下の条件設定を行うと、矩形アイテムの塗り込みをカラー塗り込みに した場合、線上にマウスカーソルを乗せると色が濃く表示される点を修正しました。
 1)[操作モード]-[選択表示の方法]:互換モード 且つ
 2)[操作モード]-[スクロール速度優先]:ON 且つ
 3)[表示]-[塗り込みを透過モードにする]:ON
●グリッドの設定でアイテムの配置位置が「1/2の位置にも配置」、文字の配置位置が「左下」の場合、レコード階層に属しているフィールドがレコードからはみ出た場所に配置できてしまう点を修正しました。
●選択されているアイテムがある状態で右クリックによるアイテム作成を繰り返し行った場合に、選択ハンドルの表示が消えなくなる点を修正しました。
●チャート実行設定ダイアログで何も設定せずにOKボタンを押下した際に表示される終了確認ダイアログの「X」ボタンを押下した場合、[チャート実行設定]ダイアログ処理の終了がキャンセルされるよう修正しました。
●CTRL+A押下にてアイテムの全選択を行った場合に、繰返し設定アイテムが選択されない点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、スケールハンドル大をドラッグして縮小スケールを行うと元の図形の残像が残ってしまう点を修正しました。
●アイテムのグループ化とUndo処理を繰返し行った際、不正なグループが作成される点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、グループ化したアイテムが、他のフォームへコピーペースとされない点を修正しました。
●グループ化されたアイテムが選択状態になっている場合に、「回転ハンドル大」が表示される点を修正しました。
「グリッドの設定」の内容を変更後、「初期値設定を保存」を実行してもグリッドの初期値が反映されない点を修正しました。
●選択状態にあるグループアイテムに対して「Shift + 左クリック」で選択解除が行えない点を修正しました。
●グループアイテムをコピーペーストした後のUndo処理で、グループが解除される点を修正しました。
●図形アイテム作成の際、フォームウィンドウをダブルクリックしたまま右クリックすると、左上が原点となる、ハンドルのみの図形が作成される点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、グリッド配置の状態で「折線・多角形」を描画した場合に、残像が残る点を修正しました。
●繰返し設定した固定文字を移動する際、固定文字部分をドラッグして移動すると繰返し領域が広がる点を修正しました。
●グループアイテムに繰返し設定を行い、コピーペーストした場合に、コピー元と同じグループの所属となる点を修正しました。
●図形アイテムに繰返し設定を行った際、最終部品の下の空白が作られないよう修正しました。
●複数のアイテムをグループ化し、グループ全体を選択した状態でランダムに移動すると、グループ内のアイテムの相対的な位置が変化してしまう点を修正しました。
●固定文字の文字列編集をESCキーでキャンセルした場合に、固定文字列の文字領域が、編集前の文字領域に戻らない点を修正しました。
●「ツール」-「拡大イメージの表示」選択後、動作設定にて「スクロール速度優先」を「しない」から「する」に変更するとExceptionが発生する点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、選択状態のチャートをESCキーで選択解除した場合に、赤い点線が表示される点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、固定文字の文字列選択をした状態でCTRLキーを押下すると選択部分の色が変わる点を修正しました。
●「スクロール速度優先:する」設定の際、固定文字の文字列選択をした状態でCTRLキーを押したままにすると選択部分が点滅する点を修正しました。
●プロパティエディタのチェックボックスをマウスクリックするとフォーカスがヘルプアイコンへ移動する点を修正しました。
●固定文字の編集中に、マウスカーソルをその固定文字列の上や、その他のアイテム上に乗せた場合に、ポップアップが表示される点を修正しました。
●固定文字で、文字列直接入力中に部分文字列を選択せずに切り取り(CTRL+X)を行うとExceptionが発生する点を修正しました。
●固定文字の配置直後の直接入力中に部分文字列選択を選択なしの状態に戻すと、文字列選択が不正となる点を修正しました。
●固定文字の配置直後の直接入力中に他アイテム上にマウスカーソルが乗っているとマウスカーソルの表示が不正となる点を修正しました。
●固定文字の配置直後の直接入力中に固定テキスト上をドラッグして部分文字列を選択すると、赤丸のグリッドスナップマーカーが描画される点を修正しました。

制限事項

●チャートアイテムをグループ化した場合、サイズ変更は行えません。
●ユーザーレイヤー内にロック状態のアイテムが1つだけあった場合、ロックアイテムを他のユーザーレイヤーへ移動しても元のユーザーレイヤー層のロックは解除されません。
●メニュー-表示-プロパティウィンドウ(やナビゲータ)を切り替えた時の表示について以下の制限があります。
 1)クエリデザイナーをタブ状態で非表示にした場合に、メニュー[ツール].[クエリデザイナー]のチェックがONで表示されます。
 2)クエリデザイナーを表示して×ボタンで閉じた場合、メニュー[ツール].[クエリデザイナー]のチェックがONのままで表示されます。
 3)プロパティエディタ、ナビゲータ、パレットカラー設定、グリッドの設定、アイテム編集にて、プロパティエディタをタブ状態で表示した場合に、メニュー[表示].[プロパティウィンドウ]のチェックがOFF表示される場合があります。
●矩形のプロパティエディタの「外線の有無」の説明内容が異なります。
●テキストフレームの「文字列編集」ダイアログ内に空白が大量に含まれる様式を保存するとExceptionが発生します。
●多国語版のフリーサイズの表示について[動作設定]-[その他]の印字不可領域の表示は本来は「user-defined」と表示されるべきですが、「Free Form」となっており適切ではありません。
●多国語版においては、フィールドを含む合成アイテムをフォーム上に配置することができません。
●イメージが配置された様式を「設計内容の印刷」で確認するとイメージファイルの「ファイル名」が先頭13バイトで切れてしまいます。
●下記属性設定式の指定内容に文字が設定されたフィールドを持つfrmファイルを一括変換した場合、一括設定ダイアログに不正なエラーメッセージが出力されます。
 1)Size
 2)TateBai
 3)YokoBai
 4)Rotation
 5)Palette
●フィールドを配置し、計算式ダイアログで「"\"」と入力してOKボタンを押下すると「String index out of range: 3」というエラーが表示されます。
●テキストフレームの文字列編集画面で改行のみがある箇所をクリックするとExceptionが発生します。
●テキストフレームの文字列編集画面でUndoとRedo操作で戻した値は、文字列のいずれかをクリックしないと反映されません。
●アイテムメニューの「帳票イメージから罫線を読み込む」、「帳票イメージから文字を読み込む」、「ファイルから文字と罫線を読み込む」で生成された固定文字、罫線の名前が不正になります。
●クエリーデザイナウインドウを閉じても、ツールの「クエリーデザイナー」欄のチェックは外れません。
●リピートアイテムと固定文字が配置された様式でリピートのコピーを行うとExceptionが発生します。
●グリッド配置をONに設定している際、ライブラリ・ウィンドウのファイル選択にてfrm様式、XML様式を選択し、自動レイアウトを行うとExceptionが発生し自動レイアウトが行われません。
●フォーム上で複数のアイテムをグループ化し、ロックした状態で各アイテム上で右クリックからロック解除を行うと全体が解除されず、アイテム単位で解除されてしまいます。
●日本語版のパレットカラーは43色表示ですが、多国語版は、16色表示になります。
●ロックしたチャートアイテムがある様式を保存後に再度開き、チャートアイテム上にマウスポインタを乗せた場合にロックアイコンが表示されません。
●繰返し設定されたアイテムのユーザーレイヤ間移動を繰返し行うとExceptionが発生し移動不可能になる場合があります。
●イメージを配置した直後に整列を実行して、元に戻すを実行すると、イメージアイテムが削除されます。
●バーコードオプションにて、エレメントサイズを手入力後Enterキーを押下せずに移動すると移動先の値として設定されます。
●繰り返しピッチが不正なfrm様式やモデル2のQRコードを含むfrmを一括変換するとExceptionが発生します。但し、XML変換された様式ファイルには問題ありません。
●ナビゲータウィンドウの綴りページタブ-[共通]と[1Page]でアイテム選択を行うと選択表示が不正になる場合があります。
●テスト印刷でプレビューを選択した際、選択されているプリンタの出力先設定が「プリンタ」の場合でも、出力先ファイルの編集が可能となります。
●イメージの初期値設定で回転角度を設定すると、コピー&ペーストで配置されたイメージアイテムのサイズが変わります。
●クエリーグリッドの列選択の際、[Del]キー押下した場合に選択列は削除されず、以下の挙動となります。
 1)クエリーグリッドが縦表示かつ、テーブルがアクティブ状態で列選択を行い[Del]キー押下すると[Del]キーが無効になる。
 2)クエリーグリッドが横表示かつ、テーブルがアクティブ状態で列選択を行い[Del]キー押下するとアクティブ状態のテーブルが削除される。
 3)グリッド内の項目がアクティブ状態かつ、列選択を行い[Del]キー押下するとアクティブになっている列項目の値が削除される。
 又は、任意設定項目以外がアクティブになっている場合は[Del]キーが無効になる。
●ユーザーレイヤーを結合後、レイヤー設定されたアイテムを移動するとレイヤー結合前の状態に戻る場合があります。
●バーコードを含む複数アイテムを選択した際、拡大縮小アイコンでサイズ変更すると、バーコードだけサイズが変更されません。
●テスト印刷でファイル出力を選択した際、出力先ファイルに存在するフォルダ名を指定するとフォルダが削除される場合があります。
 ※フォルダ内が空の場合のみ
●繰り返しフィールドをロックした状態で、「ナビゲータ」ウインドウ-「綴りページ」タブ-「共通」に表示されているフィールドのチェックを外しても、デザインウィンドウの表示が切り替わりません。
●「バーコードオプション」画面で、「Alt+H」を押下すると「高密度(H)」は選択されず、ヘルプが表示されてしまいます。
●多国語版のバーコードオプションにおいて多国語版にはないバーコード種類(NW7)の設定が存在します。
●メニュー「表示」-「座標表示単位(mm) (D)」をクリックすると、「座標表示単位(dot) (D)」に切り替わるが、(D)に下線がつくところが、(dot)のdに下線がついてしまいます。
●バーコードが配置された様式のテスト印刷時に印字フィールド設定内の「Field名を先に印刷する」を選択し、テスト印刷するとバーコードが出力されません。
●「アイテム一括設定」の「表示項目」ダイアログの「フィールド」配下の「基本設定」のチェックを外し、設定後、再表示させると上階層の「フィールド」のチェックも外れてしまいます。
●[編集アイテムの選択]でアイテムのチェックを外しても、直接プロパティエディタへカーソルを移動させた場合、編集がロックされずに編集が行えます。
●アイテムをグループ化し、グループ内の個々のアイテムを選択した場合「ナビゲータ」ウインドウは選択したアイテムになるが、「プロパティ」ウインドウは別アイテムのままになります。
●互換モードで配置されたアイテムはグリッド設定の文字の配置は有効になりますが、グラフィックモードで配置されたアイテムは無効になります。
●矩形が含まれるfrmを読み込むと、様式に設定されている矩形の塗り込みではなく、「矩形の初期設定」の「塗り込み」設定が反映されてしまいます。