Dr.Sum EA Datalizer MotionChart 3.0SP2から4.0へのリリース情報

公開日時:2012/10/01 14:14 記事番号:000009219
製品ブランド:Dr.Sum

機能追加事項

・全体
- Adobe Flash Player 11.0に対応しました
・チャート全般
-チャートメニューや項目タブのデザインを変更しました。
- チャートメニューを非表示にできるようにしました。
・項目タブ
- 項目タブの表示フォーマットを「項目全階層昇順」、「項目全階層降順」、「最下層のみ」から選択できるように対応しました。
・凡例
- 凡例の表示フォーマットを、以下から選択できるように対応しました。
・項目全階層昇順/集計項目
・項目全階層昇順(集計項目)
・項目全階層昇順
・項目全階層降順/集計項目
・項目全階層降順(集計項目)
・項目全階層降順
・項目最下層のみ/集計項目
・項目最下層のみ(集計項目)
・項目最下層のみ
・集計項目/項目全階層昇順
・集計項目(項目全階層昇順)
・集計項目/項目全階層降順
・集計項目(項目全階層降順)
・集計項目/項目最下層のみ
・集計項目(項目最下層のみ)
・ファイル出力
- DatalizerでPDF出力において、チャートをSWF形式でPDFに埋め込み、Datalizerに接続しなくてもPDFファイル内でチャートの操作がおこなえるように対応しました。

仕様変更

- 行・列の最下層以外の階層で集計をおこなった場合、集計方法にかかわらず単純合計としていた点を、設定に応じた合計表示となるように変更しました。

修正事項

・全体
- Dr.Sum EA中国国内向け 中国簡体字版(WingArc上海にて取扱い)にて以下の英語表記を中国語表記に変更しました。[00016]
[Drill-down]、[Drill-up]、[Drill-through]、[Menu]、[ALL]、[Search]、[OK]、[Cancel]
- リバースプロキシを経由してDatalizerを利用している場合、チャート表示エリアにエラー「20103000:マスターデータの取得に失敗しました」が表示される点を修正しました。[FC0196]
- チャートを複数設定している定義ファイルの集計を実行すると、「マスタデータの取得に失敗しました。」というエラーが表示される、または、空白の画面となり、チャートが正しく表示されないことがある点を修正しました。[FC0194]
- 系列項目の文字列に半角スラッシュ「/」が含まれる場合、チャート分割がおこなわれない点を修正しました。[00049]
- Datalizerのフォーマット設定にて、列データを他の文字列に変換している場合、集計項目に対するソートが正しくおこなわれないことがある点を修正しました。[00046]
・チャート全般
- チャートメニューの[元に戻す]が有効の場合、[その他設定]などのサブメニューが正しく表示されないことがある点を修正しました。[FC0156]
- ドリルアクションの設定がある場合、チャート上でマウスの左ボタンを長押しすると系列のスタイルが破線(ストライプ)で表示されてしまうことがある点を修正しました。[FC0157]
- レーダーチャートにてデータポイントを選択し、選択したデータを凡例で非表示に切り替えると、データポイントの赤丸が表示されたままとなってしまう点を修正しました。[FC0159]
- ドリルスルーが複数設定されている場合、ドリルスルーの選択メニュー上に表示されるツールチップに[object Object]と表示されることがある点を修正しました。[FC0163]
- チャートからドリルスルーの選択メニューを表示し、ドリルスルー名を選択すると、選択色(文字と背景)が黒色となり文字が見えなくなる点について、文字を白色に変更しました。[FC0164]
- ゲージチャートにて集計項目のタイトルが長い場合、左側にある針のデータチップを表示すると先頭文字が消えてしまう点を修正しました。[FC0168]
- 集計値に小数点以下の値がある場合、データチップに表示される値が、チャートエリア設定の[データラベルの小数点表示桁数]で切り上げ表示される点について、四捨五入表示となるように修正しました。[FC0169]
- Datalizerの[項目詳細設定]で集計値の計算またはデータ置換を設定している場合、その値がチャート上に表示されない点を修正しました。[FC0172]
- 定義ファイルメンテナンスにてテスト集計を実行した場合、チャートからドリルアップするとエラー「Internet Explorerでは、xxxをダウンロードできません。エラーを特定できません」が発生することがある点を修正しました。[FC0203]
- スケールマーカーを設定している場合、折れ線チャートと棒チャートの開始色と終了色が逆となる点を修正しました。[FC0209]
- 折れ線チャートにてデータポイントを選択したあとに数値軸をスクロールすると、データポイントの赤丸がチャート外に表示される点を修正しました。[FC0225]
- SSL通信でDatalizerを利用している場合、チャート表示エリアにエラー「20103000:マスターデータの取得に失敗しました」が表示され、チャートが表示されない点を修正しました。[FC0234]
- 折れ線チャートを表示したときに、右端と左端のデータポイントが欠けた状態で表示される点を修正しました。[FC0202]
- 分類/系列項目が1つしかない場合、またはMotionChart定義ファイル編集画面の[タブ設定]の「絞り込みボタンの表示」や「階層切替ボタンの表示」のチェックを外した場合、集計実行後の[MENU]
- [タブ表示切替]から非表示/表示を切り替えると階層ボタンと絞り込みボタンが表示される点を修正しました。[FC0223]
- 縦棒(横棒)チャートのスクロール操作にて、短い棒チャートがチャートエリア内から消えた場合、チャートエリアに残っている棒チャートが左(下)詰めされてしまう点を修正しました。[FC0226]
- レーダーチャートにて、軸の値に小数点以下の値が表示されない点を修正しました。[00044]
- 行・列項目に配置している項目をドリルダウン項目にも指定している場合にMotionChartのチャートからドリルダウンを実行すると、「ドリルダウンの設定がありません」というメッセージが表示される、またはすでに行・列項目に配置されている項目でドリルダウンが実行される点を修正しました。[02274]
- チャートのデータポイントに表示される値がマイナスデータの場合、チャートエリア設定の[データラベルの小数点表示桁数]で小数点以下の値が、四捨五入されない点を修正しました。[00064]
・項目タブ
- 「非表示」または「選択(無効)」の集計項目が存在し、MotionChartのチャート表示を設定している場合、MotionChartのタブに空白のタブが表示されることがある点を修正しました。[01805]
・凡例
- コンボチャートの場合、凡例で「その他」を表示に設定すると、チャート上に表示される「その他」の描画位置がずれることがある点を修正しました。[FC0233]
- 凡例に表示されるデータの後半が欠けた状態で表示されることがある点を修正しました。[00051]
・チャートスタイル変更
- チャートメニューから[フォントサイズ切替]を実行後に[元に戻す]を実行しても、フォントサイズが元に戻らない点を修正しました。[FC0175]
- チャートスタイル変更画面の[その他設定]タブにある[実行時初期設定]の[クリア]ボタンをクリックしても[無制限]のチェックが外れたままとなる点を修正しました。[FC0154]
- チャートスタイル変更画面の[軸設定]タブにて、[ゲージチャートでは参照先の系列を表示しない]のチェックを外しても、チャート画面の[MENU]- [軸の設定]- [ゲージチャートでは参照先の系列を表示しない]ではチェックが入った状態となる点を修正しました。[FC0208]
- チャートスタイル変更画面の[スケールマーカー設定]タブにて、最大値と最小値を同一の値にした場合に、スケールマーカー(ライン)が表示されない点を修正しました。[FC0210]
- 折れ線グラフ表示時に、ダイナミックチェンジアイコンで「曲線に変える」を選択してから、「グラフを横にする」を選択すると、チャートの表示が崩れる点について、デフォルトで直線表示となるよう修正しました。[00018]
※折れ線グラフを横で表示した場合、曲線に変更することはできません。
- [チャート設定]- [チャートスタイル変更]で「ガイド」ボタンから表示されるガイド画面のウィンドウサイズを小さくしても[追加]ボタンが画面内に納まるように修正しました。[00024]
・チャートエディタ
- MotionChart定義ファイル編集画面の[タブ設定]で、分類項目の[この階層で集計する]を有効に設定しても、チャート初期表示時に設定が反映されないことがある点を修正しました。[FC0205]
- MotionChart定義ファイル編集画面の[チャートエリア設定]で、[共通設定]-[系列]-[色セットマスタ]のIDをソートすると、数値ではなく文字列でソートされてしまう点を修正しました。[FC0215]
- MotionChart定義ファイル編集画面の[チャートエリア設定]で、以下の設定項目において[Ctrl]キーを押しながらアイコンをドラッグ&ドロップするとアイコンがコピーされてしまう点を修正しました。[FC0217]
・[共通設定]-[全般]の「チャート切替メニュー設定」および「データポイントアイコンの設定」
・[折れ線・棒系設定]-[全般]の「ダイナミックチェンジアイコンの設定」
・[円・レーダー・ゲージ設定]-[全般]の「ダイナミックチェンジアイコンの設定」
- チャートエディタの[チャートエリア設定]にある以下の設定にて、マイナス値を入力できるようにしました。[00033]
・[共通設定]-[軸]-[数値軸の設定]-[最大値、最小値]の「最小」と「最大」
・[共通設定]-[系列]-[系列(棒、折れ線、針など)の設定]-[条件による色変更]の「集計値」
- チャートエディタの[チャートエリア設定]-[共通設定]-[軸]-[表示]にて「一つに集約」を選択し、[最大値、最小値]から[対象集計項目名]に「集約軸」を指定した場合、[軸の固定]の「入力した最小/最大値で固定する」で[最小]、[最大]を設定しても有効にならない点を修正しました。[00034] - チャートエディタの[チャートエリア設定]-[折れ線・棒系設定]-[全般]-[ダイナミックチェンジアイコン設定]の「表示するアイコン」を1件も設定していない場合、チャート画面から[MENU]-[その他設定]-[現在の操作状態を保存する]をおこなうと、チャートを再表示した際にエラー「チャートの描画でエラーが発生しました。[10103006]」が発生する点を修正しました。[00035]
- チャートエディタの[チャートメニュー設定]-[チャート分割ボタン]の設定が、集計画面の[MENU]-[チャート分割]のメニュー表示と正しく連動しないことがある点を修正しました。[00040]
・ファイル出力
- チャートを含む集計結果をPDF・Excel出力すると、集計項目軸ラベルと分類項目軸ラベルが表示されない点を修正しました。[00005]
- 定義ファイルにチャートを複数設定している場合、PDF出力時にチャートが1つしか出力されないことがある点を修正しました。[FC0189]
- チャート選択画面で、[Root]を選択してダウンロードを実行するとエラー「HTTPパラメータでdirが指定されていないか、指定されたdirが空です。」が発生する点を修正しました。[FC0192]
- 行/列項目いずれかと集計項目を配置したチャートよりCSVを出力した場合、一部のカンマが多く出力され、カラム名とデータがずれてしまう点を修正しました。[00055]

制限事項

- Windows Vista,Windows 7のXPモードには対応していません。
- サロゲートペア文字には対応していません。