Dr.SumEA Synchronizer for Oracle(R) database1.3から2.5リリース情報(Dr.Sum EA Ver2.5用)

公開日時:2013/02/15 13:36 記事番号:000009191
製品ブランド:Dr.Sum

機能追加事項

・ なし


注意事項

・ 仕様変更
- 同期処理の1回のトランザクション内にて、同一キーのレコードの更新があった場合、ユニーク制約エラーが発生していましたが、一度コミットを実行し、再度更新処理をリトライすることで、上記更新が可能となるよう修正しました。
- Oracleの64bit用ODBCを利用すると数値データが取込めない為、同期対象のデータ型が数値型の場合、内部的にTO_CHAR関数を使用し、一旦文字列として変換して取込むように修正しました。