Dr.SumEA Reporting Server 1.2から2.5リリース情報

公開日時:2013/02/22 20:22 記事番号:000009189
製品ブランド:Dr.Sum

機能追加事項

・ 画面表示関連
・ PDF出力時のセル幅を設定することが可能になりました。 - [定義ファイルメンテナンス]-[レイアウト詳細設定]-[PDF設定]の[項目幅]にて[行項目幅]、[集計・明細項目幅]の設定が可能になりました。

・ 抽出条件に必須チェック機能を追加しました。 - [抽出条件設定]の[必須項目]が有効の場合には、その条件を未設定(または省略値)で集計を実行しようとするとエラーが表示され、集計が実行できなくなります。

・ 外部DB連携項目に対しても抽出条件を有効にすることが可能になりました。 - [定義ファイルメンテナンス]-[共通項目設定]の[外部データベース連携先指定]の[抽出条件]が有効の場合には、外部データベースに対しても抽出条件が有効になります。

・ 抽出条件設定のドロップダウンリストに表示する「年」の範囲を指定することが可能になりました。 - [サーバ管理]-[サーバ管理設定]-[システム共通設定]にて[抽出条件設定項目-年範囲設定]、[抽出条件設定項目-年範囲(+)]、[抽出条件設定項目-年範囲(-)]で設定可能です。
- 抽出条件設定項目の画面出力タイプが日付範囲、または年月範囲の場合に設定できます。

・ 行項目データにリンクを設定し、テーブル/ビューを参照する際に、表示するレコード件数を指定することが可能になりました。 - [レイアウト詳細設定]-[項目詳細設定]にて[処理対象]を「リンク」と設定し、リンク先のテーブル/ビューを設定する際に、レコード件数を指定する「limit=」の設定により可能となります。最大10,000件まで指定可能です。指定を省略した場合は、最初の1件のみを表示します。

修正事項

・ ソフトウェア対応バージョン ・ サポート対象のJDKのバージョンを「JDK 5.0」に、Tomcatのバージョンを「Tomcat 5.5」に変更しました。

・ 定義ファイルメンテナンス ・ [レイアウト詳細設定]-[レイアウト個別情報設定]の[項目操作]の指定で、「トップ(行)」、「トップ順位(行)」、「ワースト(行)」、「ワースト順位(行)」以外のフィルタ処理実行時には、指定を無効とし、[-]リンクを表示しない仕様ですが、下記フィルタ処理についてのみリンクが表示されてしまう不具合を修正しました。 - 日付合算(列)
- 日付範囲フィルタ(行)
- 日付範囲フィルタ(列)

・ [レイアウト詳細設定]-[レイアウト個別情報設定]にてフォーマット欄に「###,###,###.##!4'%'」と設定した集計をExcel出力すると正しく表示されない点を修正しました。
・ [レイアウト詳細設定]-[レイアウト基本情報設定]の[フィルタ処理]を「合計トップ順位」にし、[レイアウト個別情報設定]で非表示に設定した集計結果画面にて、フィルタ対象項目を示す「☆」の位置がずれて表示されてしまう点を修正しました。
・ [レイアウト詳細設定]の[項目詳細設定]で、合計タイトルを表示する設定をおこなった場合に、明細が1行だと合計タイトルに集計データが表示されない点を修正しました。
・ [定義ファイルメンテナンス]にて、抽出条件設定の項目が多い場合に、抽出条件設定画面への遷移に時間がかかる点を修正しました。
・ Dr.Sum EAのテーブル項目の型がNUMERIC型の場合に、数値型と認識されず、[フィールド詳細設定]画面の初期値がNULLとなる点、及び、フォーマットの[ガイド]ボタンをクリックしても数値のフォーマットガイドが表示されない点を修正しました。
・ 集計する定義ファイルを選択した際の表示速度を向上しました。
・ 以下のように設定された定義ファイルにて、ドリルスルーを行うと「ただいまサーバが混雑しているか、または許可されていないページを参照しようとしています。サーバ管理者にお問合せ下さい」というエラーメッセージが出力される点を修正しました。 - [抽出条件設定]に複数の条件設定があり、それらの中に、[画面出力タイプ]「~(複数)」の項目が存在し、かつ条件式が設定されている定義ファイルにて発生しておりました。

・ [抽出条件設定]にて、[画面出力タイプ]を「チェック項目」に設定している場合、チェック項目にチェックを指定しないで集計実行すると、その他の抽出条件が適用されずに、全件検索となる点を修正しました。
・ [レイアウト詳細設定]-[項目詳細設定]にて[処理対象]を「リンク」と設定した場合、リンク先に対象レコードが存在しないと、1件目のレコードが表示されていた点を修正しました。
・ [レイアウト詳細設定]-[項目詳細設定]の総合計表示名を設定しても、集計結果に反映されない点を修正しました。
・ [レイアウト詳細設定]-[レイアウト基本情報設定]の「項目合計(前置文字列)」を「表示する」に指定した場合に、EXCEL出力を行うと幅が足りず文字が切れて表示される点を修正しました。
・ 画面レイアウトの設定が、「1. 標準画面構成」、「2. メニュー(上側)構成」、「3. メニューページと集計処理が別ページとなる構成」、「6. 集計処理を別ウィンドウに出力する構成」のいずれかの場合に、[定義ファイルメンテナンス]-[共通項目設定]にて[処理パターン]を[明細一覧]と設定し、集計実行した際に「該当するデータがありません。」と表示された場合、[戻る]ボタンが表示されなかった点を修正しました。

・ 集計処理 ・ ドリルダウンプレビューで表示された行項目データが空白の場合に、その空白データからドリルスルーを指定すると、ドリルダウンプレビューの対象以外の行項目データの明細データも合算されて表示される不具合を修正しました。
・ 集計結果表に表示されている最下位行項目の1つのデータに対して明細行が複数表示されるようなパターンで、行項目のデータがずれてしまう不具合を修正しました。
・ 集計結果表から、[リンク]ボタンにより別の定義ファイルの集計結果を表示し、更にその集計結果表に[リンク]ボタンを表示させている場合、ボタンをクリックするとウィンドウが閉じてしまう点を修正しました。
・ 抽出条件式の長い集計結果を Excel へ出力した場合に、Excel上では抽出条件式が「#####」と表示されてしまう点を修正しました。
・ 抽出条件の選択項目が多い場合に、URLの文字数が増加することで、ブラウザにてエラーが発生する点について、ユーザに分かりやすいエラーを表示するよう修正しました。
・ 集計結果にて「NULL」と「0」の区別がつかない点について、フォーマットによる桁指定の末尾に「N」がついている場合は「NULL」を「NULL」として、「0」を「0」として表示するように修正しました。
-指定例:「###,###,###,##N」
また、フォーマット指定にて「###,###,###,##0」等の「0」を含む指定がある場合に、Excel上で「0」が表示されていなかった点を修正しました。
・ 画面のレイアウトにて、集計処理を別ウィンドウのスクロール画面に出力する構成の場合に、集計表の横スクロールバーが表示されない場合がある点を修正しました。
・ 定義ファイルに集計項目16項目以上を配置した場合に、PDFが不正に出力される点を修正しました。
・ 集計結果をCSVに出力した際に、CSVに行の総合計が出力されない点を修正しました。
・ 集計結果にて「NULL」と「0」の区別がつかない不具合に関連して、フォーマット指定にて「###,###,###,##0.0N」を行った際に、値「0」のデータが「0.00」と表示されず、「0」と表示されていた点を修正しました。
・ フォーマット指定にて「##0.00'%'」を指定した場合、Excel上で「0.00%」と表示されていなかった点を修正しました。
・ 集計結果をEXCEL出力した際に、フォーマットで以下のような指定がされていると全ての文字色が赤くなる点を修正しました。
- フォーマット指定内容:
###,###,###,##0;[red]'▲'###,###,###,##0 '-'###,###,###,##0

・ 画面のレイアウトにて、集計処理を別ウィンドウのスクロール画面に出力する構成の場合に、集計表の横スクロールバーが表示されない場合がある点を修正しました。
・ 定義ファイルに集計項目16項目以上を配置した場合に、PDFが不正に出力される点を修正しました。
・ 集計結果をCSVに出力した際に、CSVに行の総合計が出力されない点を修正しました。
・ 集計結果にて「NULL」と「0」の区別がつかない不具合に関連して、フォーマット指定にて「###,###,###,##0.0N」を行った際に、値「0」のデータが「0.00」と表示されず、「0」と表示されていた点を修正しました。
・ フォーマット指定にて「##0.00'%'」を指定した場合、Excel上で「0.00%」と表示されていなかった点を修正しました。
・ 集計結果をEXCEL出力した際に、フォーマットで以下のような指定がされていると全ての文字色が赤くなる点を修正しました。 - フォーマット指定内容:
###,###,###,##0;[red]'▲'###,###,###,##0 '-'###,###,###,##0

・ 以下の条件すべてに該当する場合に、行データのグループサプレスがされずに空白データとして出力される箇所が発生する点を修正しました。 - 集計タイトルの位置を「集計タイトル(行)」に設定されている
- 行合計の位置を「行合計(上)」に設定されている
- 行項目の配置数が 2 項目以上(非表示・無効項目を除く)
- 集計項目の配置数が 2 項目以上(非表示・無効項目を除く)
- 項目詳細設定で、任意の項目の合計タイトルを設定している
(項目名に @ を使用している場合は対象外)

・ フォーマット指定にて「###,###,###,##0;[red]'▲'###,###,###,##0」を指定しCSV出力した場合に、マイナス値にマイナスが表示されない点を修正しました。また、計算フォーマットと条件フォーマットが両方指定されていて、かつマイナス値のフォーマットが指定されており、かつ明細表示を行われた場合に、条件判定が計算フォーマットの計算後の値で行われていたため、フォーマット指定が正常に行われず、EXCEL、HTMLの出力が不正であった点を修正しました。 - フォーマット指定内容:
{@>10}(*100)[blue]###,###,###,##0 '+'###,###,###,##0;[red]###

・ 抽出条件設定でデータパターンが1つの場合、初期値の設定が反映されない点を修正しました。
・ 集計結果からCSV出力する際の総合計の出力設定を追加しました。
・ 明細一覧出力時に、明細出力で日付範囲で開始日のみを「 -- -- -- 」にした場合に、抽出条件が有効にならない点を修正しました。
・ 画面レイアウトの設定が 「8. 集計処理をスクロール画面に出力する構成(IE専用)」または、「9. 集計処理を別ウィンドウのスクロール画面に出力する構成(IE専用)」でサプレスされる行を含むデータを表示した際に、表示がずれて緑色の領域が表示されることがある点を修正しました。
・ 行(列)項目の先頭に非表示項目を配置していると、「前項目比(直上列)」、「前項目値(直上行)」、「前項目値(直上行)」、「前項目値(直上列)」のいずれかを使用している事後計算項目の計算値が表示されない点を修正しました。
・ 集計結果をPDF出力する際の項目幅の計算にて、項目名にHTMLタグが含まれていた場合、タグを含めてカウントしていた点を、含めずにカウントを行うよう修正しました。

・ ドリルスルー ・ 集計結果が0になるデータにて、ドリルスルーのリンクが表示されない点を修正しました。
・ 画面レイアウトの設定が 「4. メニューページと集計処理が別ページとなる構成(type=2)」「7. 集計処理を別ウィンドウに出力する構成(type=2)」「8. 集計処理をスクロール画面に出力する構成(IE専用)」「9. 集計処理を別ウィンドウのスクロール画面に出力する構成(IE専用)」のいずれかの場合、かつ集計条件調整項目の行にて、初期表示時にチェックが付加されている項目と付加されていない項目のチェックをすべて切替えて集計した場合に、ドリルスルーを行った後の[戻る]ボタンでエラー(E1000[C1140])が発生する点を修正しました。
・ 複数登録されているドリルスルーの設定を減らした場合に、ドリルスルーを行うとエラー(E1000[C5200])が発生する点を修正しました。

・ フィルタ処理 ・ フィルタ処理で出力された事後計算項目の[その他]に、小数点第3位以下の誤差が生じる場合がある点を修正しました。
・ フィルタ処理の [条件合算(行)] を設定している定義ファイルにて、[抽出条件設定]にある[条件式(空白時AND条件)]に「OR」条件を設定すると、集計表から条件合算の詳細表示をしたときに、対象外のレコードも出力されていた点を修正しました。
・ フィルタ処理でトップ順位などを指定した場合に、集計実行時に集計項目の先頭項目の総合計(総合計が表示されていない場合は先頭項目)を基準に並び替えをおこないますが、その先頭項目が定義ファイルメンテナンスにて並び替えを許可されていない場合、許可している項目の総合計(総合計が表示されていない場合はその項目)で集計実行時の並び替えをおこなうという設定に切り替えることが可能になりました。デフォルトでは既存の仕様で動作します。
・ TIMESTAMP型の項目に対して抽出条件で日付の範囲指定をおこなった場合に、これまでは終了日の0時0分0秒までを検索対象としていましたが、23時59分59秒までの設定変更が可能となるよう、修正をおこないました。

・ サーバ管理 ・ Dr.Sum EAの登録グループ数が多い場合の[グループ別権限設定]の表示速度を改善しました。
・ [サーバ管理]の[グループ別権限設定]のガイド表示速度を向上しました。
・ [サーバ管理]の[グループ別権限設定]で、権限設定を「する」にしている状態で画面を表示すると、[利用情報設定]が「全て」の設定であるにもかかわらず、「集計表-PDF出力」等の項目が無効状態になっていない点を修正しました。
・ [サーバ管理]の[アクセスコード認証設定]にて、登録件数が増えた際の処理速度を改善しました。
・ [共通データリスト設定]からデータパターンを作成すると、空行が削除されてしまう点を修正しました。

・  パスワード変更 ・ パスワードが有効期限切れとなった場合に、ログイン画面及び[パスワード変更]画面において前回と同じパスワードが設定できない不具合を修正しました。

・ その他 ・ 集計実行後[戻る]ボタンをクリックするとエラーとなることがある点を修正しました。
・ Reporting Serverへのログイン速度を向上しました。
・ ユーザーが作成したWebページのリンクから、新規ウィンドウにReporting Serverのページを表示させる際に、画面レイアウトの設定が集計結果を別ウィンドウに表示するタイプを指定されていると、集計結果をPDFでブラウザ内に表示後、ブラウザの[戻る]ボタンをクリック、その後[Top]リンクをクリックという操作を行われた場合に、メニュー画面に遷移してしまう点を修正しました。