Dr.Sum EA Datalizer 2.5から2.5SP1へのリリース情報

公開日時:2006/12/01 00:00 記事番号:000009181
製品ブランド:Dr.Sum

機能追加事項

1. Datalizer Server機能追加事項
・ x64(Windows x64 Edition)にネイティブ対応しました。
・ 共有ディレクトリメンテナンスにファイルアップロード機能を追加しました。
・ シングルサインオン用の外部認証IDの設定を追加しました。
・ 抽出条件の日付範囲の設定(年要素の範囲)を設定できるようになりました。
・ アクセスコードによる自動ログイン機能を追加しました。


2. Datalizer for Web機能追加事項
・ 結合表の集計機能を追加しました。複数の集計表をひとつの表に結合できます。
・ Dr.Sum EA Visualizerと連携し、チャートを表示できるようになりました。
・ 集計表をスクロールできるようになりました。
・ ブラウザ画面表示のマルチロケール機能(日本語・英語)を追加しました。
・ ログインユーザIDごとに画面レイアウトのカスタマイズを設定・保存できる機能を追加しました。
・ ログアウト時のリダイレクトアドレスを指定できるようになりました。
・ 定義ファイルメニューをブラウザ画面上の任意の位置へ移動できるようになりました。
・ 定義ファイルメニューの一覧の表示を(ファイル名/タイトル)切り替えできるようになりました。
・ 集計表上とメニュー(定義ファイルの選択画面)の右クリックから定義ファイルメンテナンスへ移動できるようになりました。
・ データパターンのデータリンク先にDr.Sum以外のDBMSも指定できるようになりました。
・ 集計表上での右クリックメニューを追加しました。
・ 集計結果のExcel/CSV出力の許可を設定できるようになりました。
・ 表示項目アイコン(集計条件調整項目・抽出条件・コメント)表示・非表示設定を定義ファイルに保存することができるようになりました。
・ 「マルチ集計ファイル作成・編集」画面に対象の定義ファイル情報を表示する機能を追加しました。
・ 「リンクファイル作成・編集」のPAGEリンク画面に対象の定義ファイル情報を表示する機能を追加しました。
・ 項目詳細設定のリンク先の設定にテーブル/ビューを指定する場合のパラメータに「type」を追加しました。
・ 外部連携(拡張項目設定)機能を拡張しました。
(接続先Dr.Sum EAサーバとは別のDr.Sum EAサーバ、SQL ServerやOracleなどの項目を利用する機能です。)
- 条件式(SQL)の入力機能を追加しました。
- 検索条件式の共有機能を追加しました。
- 集計結果にないデータも含めて出力する(RIGHT-JOIN)機能を追加しました。

・ 抽出条件設定に外部連携抽出条件設定を追加しました。
・ フィルタに以下を追加拡張しました。
-時間合算
-時間ステップ
-週合算
-週ステップ
・ 抽出条件に必須設定機能を追加しました。
・ 複数の抽出条件がある場合の(大→中→小分類など)段階的データ絞込み機能を追加しました。この機能では、下位の抽出条件項目の選択肢に、上位項目で絞り込まれたもののみ表示されます。


3. Datalizer for Excel機能追加事項
・ マルチ集計の機能を追加しました。あらかじめ定義した複数の集計表をひとつのシートに実行できます。
・ 結合表の集計機能を追加しました。複数の集計表をひとつの表に結合できます。
・ Excelのファイルメニューとツールバーの保存、印刷関連のボタンを非表示にする機能を追加しました。
・ 集計表の行、列データの右クリックメニューに以下を追加拡張しました。 -絞り込み登録: 選択したセルのデータをを検索条件として登録できます。
-絞り込みコピー: 選択しているセルのデータをクリップボードにコピーし、[検索条件式]画面の比較値に貼り付ける時などに利用できます。

・ システム設定に「レイアウト設計画面と検索条件式画面を連動させる」設定を追加しました。
・ 外部DB参照時のガイドボタン押下時に表示される参照画面を変更・統一しました。
・ 外部マスタ参照設定画面にパターン参照機能追加しました。利用頻度の高い設定をサーバへ保存して共有できます。
・ データリスト追加/編集画面にデータ参照機能を追加しました。
・ プロパティ画面 - 「外部DB取得エラー時の対処」設定を追加しました。
- 「セル幅の優先」へ集計前のセル幅を変更させない設定値”何もしない”を追加しました。

・ 外部マスタ参照設定画面にパターン一覧参照機能ボタンを追加しました。
・ ドリルスルー画面に「全ての項目を追加」機能ボタンを追加しました。
・ 外部連携(拡張項目設定)機能を拡張しました。
(接続先Dr.Sum EAサーバとは別のDr.Sum EAサーバ、SQL ServerやOracleなどの項目を利用する機能です。)
- 条件式(SQL)の入力機能を追加しました。
- 検索条件式の共有機能を追加しました。
- 集計結果にないデータも含めて出力する(RIGHT-JOIN)機能を追加しました。

・ フィルタに以下を追加拡張しました。
-時間合算
-時間ステップ
-週合算
-週ステップ
・ 検索条件式入力にて、比較値を既存のデータパターンから選択する機能を追加しました。
 

修正事項

1.Datalizer Server 修正事項
・ 共通データグループ設定にてデータグループの名称を既存のデータパターンと同じ名称にして保存しようとし、「適用」ボタンを押すと白画面となる点を修正しました。
・ 集計結果データ抽出条件が、抽出条件にて抽出後の値に対して実行されるよう変更しました。



2.Datalizer for Web 修正事項
・ 項目のフォーマットの設定にて、計算式と条件式が設定されているフォーマット書式が設定されている場合、Excel出力時に負符号が正しく表示されない点を修正しました。
・ 非表示項目が設定された定義にてドリルダウンプレビューが実行された場合に処理エラーが発生することがある点を修正しました。



3. Datalizer for Excel 修正事項
・ for Excel の共通システム設定「ログイン情報保存の表示」が正しく反映されない点を修正しました。
・ Datalizer for Excelインストール後、初回のログイン時にパスワードの変更画面でエラーが発生する点を修正しました。
・ ドリルパターンを用いたドリルダウン実行時に選択したものとは別の項目でドリルダウンされることがある点を修正しました。
 

制限事項

・Dr.Sum EA Datalizer Serverのサービス起動について
 64ビット版のDr.Sum EA Datalizer Serverはサービス起動できません。
 コンソール起動での運用となります。